安いインターネット回線の選び方は?相場と選ぶときのポイントを解説!

毎月かかるインターネット回線の料金をできるだけ安く抑えて、おトクに利用したいと思う人は多いでしょう。

しかし安いことは大きな魅力ですが、料金だけに注目して、「安いけど使いづらい」「その他の料金がかかり、かえって割高になった」ということになっては意味がありません。

まずは、回線の種類や月額料金、キャンペーンの特典の有無などの材料を、複数の回線で比較し、自分に合ったおトクな回線を選ぶことが大切です。

この記事では、特に重要となるインターネット回線の相場や、回線を選ぶ際のポイントについて解説します。

インターネット回線の種類と相場は?

まず、インターネット回線の種類とそれぞれの相場を把握しましょう。
「どの種類の回線にするか」を決めたうえで相場を知れば、自分に合ったインターネット回線が絞りやすくなります。

インターネット回線は3種類ある

インターネット回線には次の通り、3種類あります。

【光回線】
光回線は自宅に光ファイバーケーブルを引き込む固定回線で、通信速度が速く、しかも安定しているので通信状況を気にせず利用できます。
また、基本的に毎月のデータ利用量に上限がないので、長時間の動画視聴やオンラインゲームなどを好きなだけ楽しめるのがポイント。

ただし、光回線を使うためには開通工事が必要になり、開通まで2週間〜1カ月、場合によっては約2カ月かかることもあるので、その期間を考慮しておきましょう。
アパートなどの賃貸住宅は工事自体ができない場合があるほか、戸建てやマンションであっても諸事情で工事ができないケースもまれにあるため、事前に確認が必要です。

【ホームルーター】
自宅のコンセントにつなげばすぐに使えるホームルーターは、工事不要の手軽さが人気です。
光回線の工事ができない住宅の場合、ホームルーターを利用するケースが多くなっています。
ただし、ホームルーターはモバイル回線を使ってインターネットとつなげるため、手軽ではあるものの、光回線に比べると速度が遅く、不安定になりやすいといえるでしょう。

【ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)】
ポケットWi-Fiとは、どこでもWi-Fiを利用できる携帯型のルーターを指します。工事不要で、契約後ポケットWi-Fiが届いたらすぐに利用できるという、こちらも手軽な回線です。
最大の特徴は、自宅だけでなく外出先でも利用できるということ。外出先でインターネットを使う人に向いています。 マイナス面としては、ホームルーターと同じく通信速度が遅くなりやすく、安定性に欠ける点です。
また、通信制限が設けられており、大容量のデータ通信や高画質動画の視聴などには向きません。その点を理解したうえで選びましょう。

インターネット回線の相場

【光回線 4,000円〜5,000円程度】
光回線は戸建てとマンションでは料金が異なります。
戸建ては5,000円台、マンションは4,000円台が平均的な料金です。ただし、オプションを追加すればその分料金は上乗せになるので、確認しましょう。
他の回線と違い、開通工事費が必要になる場合もありますが、多くの場合、キャッシュバックや割引が適用されます。

【ホームルーター 3,000円〜5,000円程度】
コンセントに差し込み、設定をするだけですぐに使えるようになるホームルーターは3,000円〜5,000円が相場。
ホームルーターには端末の料金が発生しますが、多くの場合、契約期間満了で無料になるように設定されています。

【ポケットWi-Fi 2,000円〜4,000円】
ポケットWi-Fiは契約の容量によって料金が異なります。平均は上記の通りですが、容量が大きいほど高額になり、インターネットをあまり使用しない人であれば料金を安く済ませられるのが特徴です。

これら3つの回線の料金は契約メニューやオプション、工事費、機器の料金などによって大きく変わることも覚えておきましょう。

安いインターネット回線を選ぶ5つのポイント

相場を踏まえたうえで、インターネット回線の選び方を解説します。
パンフレットなどに掲載されている料金を参考にして選べばよいのかといえば、決してそうではありません。
安い回線を選ぶポイントは5つ。それぞれの項目を確認しながら自分の生活にぴったりの回線を見つけてください。

1.実質の月額料金

通信事業会社のパンフレットなどに記載してある月額料金は、回線利用料とプロバイダ利用料を合算したものです。
しかし、実質の月額料金は、月額料金から各種の割引が適用された金額になります。
各種の割引とは、例えば新規契約のキャッシュバックや開設工事費を無料にするキャンペーン、スマートフォンとセットで契約すると受けられる割引などです。

これらを計算すると実際に支払う金額がかなり安くなることがあり、割引や特典を含めたトータルの金額で判断することがおトクな回線を選ぶうえでのポイントになります。

「光回線だから工事費もかかるし、高いはず」と決めつけず、シミュレーションしてみましょう。
実質の月額料金で比べると意外に安く抑えられる可能性もあります。

キャッシュバックの金額やスマートフォンとのセット割引などは、各社ホームページで最新の情報を確認してください。

月額料金の比較サイトなどで安い通信事業会社を探す場合も、実質の料金で比較しないと意味がありません。
月額料金が安くても工事費が高いケースもありますし、逆に月額料金は高くても工事費が無料でキャッシュバック特典があれば、結果的に他社より安いということもあります。
比較サイトによって表記内容はまちまちなので、各社のホームページに掲載されている情報をもとに、実質料金で比べるとよいでしょう。

2.工事費・契約解除料

光回線の場合、工事費が必要です。工事費も戸建てとマンションでは費用が異なり、一般的に戸建ての方が高くなっています。

マンションやアパートに住んでいて、建物が光ファイバーを導入している場合は工事費が大幅に安くなる場合も。比較的新しいマンション、アパートは導入済みというケースもあるので確認しておきましょう。

工事費は、キャンペーンで無料になる通信事業会社もあるのでチェックしましょう。
ただし、工事費無料には「完全無料」と「実質無料」の2種類があります。
完全無料とは、文字通り工事費が0円のものです。
一方、実質無料とは、工事費を分割して月々の料金から割り引くことで、実質無料になるもの。契約期間を全うすれば問題ないのですが、もし契約期間の途中で解約すると、その分は工事費の残債として請求されるので注意が必要です。

乗りかえ時には契約解除料が発生する場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

もし、契約解除料が高額なら無理に乗り換えずに更新月まで待つという選択もあります。しかし、急な引越しや転勤など、やむを得ない事情で解約するケースもあるので、契約解除料がどのような条件で発生するのか知っておきましょう。

新規契約の際、それまで利用していた会社からの乗りかえによって発生した契約解除料を全額または一部負担してくれる通信事業会社もあります。

3.キャンペーン

多くの通信会社は、各種キャンペーンを展開しているため、それらを活用することで料金を安くすることができます。
キャンペーンの金額や期間、要件などは事前に確認しておきましょう。

例えば、同じ通信回線会社のキャッシュバックでも、申し込み窓口によってもらえる金額が異なる場合があるため注意が必要です。

また、キャッシュバックなどのキャンペーンを適用するには、特定のオプション加入が必要だったり、申し込み方法や期間が限定されるなどの要件がついている場合があります。

オプション加入が条件の場合、オプションの金額や解約できるタイミングも把握しておきましょう。すぐに解約できるオプションであれば問題ありませんが、解約しづらい契約内容になっていたり、オプションの継続利用のしばりが長期にあったりする場合、キャッシュバックの金額と比較してどの程度メリットがあるか考えて申し込むのが賢明です。

インターネット回線の料金は、スマートフォンとのセット割によっておトクになることがあるのも見逃せないポイントです。セット割とは、インターネットとスマートフォンをまとめることで割引になるサービスのこと。
お使いのスマートフォンキャリアとセット割ができる通信会社を選ぶことで、月々の料金が抑えられます。

4.回線速度

キャッシュバックやセット割など、おトクな料金を紹介してきましたが、それにつられて安さだけで回線を選ぶと速度が遅く不安定ということも起こりうるので注意しましょう。

利用目的によって求められる通信速度が違うため、必要な回線速度を確保できるか確認することが大切です。
安くても快適にインターネットが利用できないというのは、良い選択ではありません。
快適な速度は下記の数値が目安です。利用目的によって数値が大きく変わるので、どのような使い方をするのか想定してメニューを選ぶと良いでしょう。

下り速度

ジャンル

内容

速度

ネット

Webページの閲覧

1~5Mpbs

コミュニケーション

メールの受信

1Mbps

コミュニケーションツール(LINE等)

1Mbps

ビデオ通話・Web会議

3Mbps

ゲーム

オンラインゲーム

30Mbps以上

動画

SD(480p)

1.1Mbps以上

HD(720p)

2.5Mbps以上

フルHD(1080p)

5Mbps以上

4K

20Mbps以上

※速度の目安は実測値を記載しております
※推奨速度はご利用サービスの提供サイトをご確認ください

実際に今、使っているインターネット回線の通信速度が知りたい時は、Web上で速度を測定可能です。サイトは「インターネット 速度測定」で検索すれば見つかり、その多くが無料で手軽に試せます。

速度測定をした結果、目安の数値より遅かった場合は、現在ご利用の回線からの乗り換えも検討しましょう。

5.データ容量

3つのインターネット回線のうち、ポケットWi-Fiはデータ容量を選んで契約するものです。
当然ですが、データ容量が少なければ料金は安く、大容量になればなるほど料金は高くなります。
契約のデータ容量が自分の利用量を上回ると、速度制限によって動画が見にくくなったり、読み込みが遅くなってイライラすることも。
逆にいつも利用量が大きく下回っていると、大きな容量のメニューを契約しているのにもったいない状況に。

動画視聴が目的なら多め、SNSでのデータ通信目的なら少なめなど、自分に合ったメニューを選択するとむだがなく、快適に利用できます。

直近数カ月のデータ使用量を確認して、必要なデータ容量を把握し、最適なメニューを選びましょう。

インターネット回線は東海地方最速のコミュファ光で!

コミュファ光は東海地方最速の光インターネット回線です。通信回線の実速度を評価する「RBB SPEED AWARD 2021」においてWi-Fi速度の部「東海」で最優秀を受賞しました。
上りも下りも最大10GBの超高速通信を提供しています。

コミュファ光のメニュー料金(一例)はこちらからご覧ください。戸建て・マンションともに光ネット工事費27,500円が無料となる大変おトクな内容になっています。(※2022年7月時点)

【戸建て住宅にお住まいのお客さま】 
・10GホームEX (1年目)月額料金3,980円
・1Gホーム (1年目)月額料金2,980円

【集合住宅にお住まいのお客さま】 
・10GマンションFEX (1年目)月額料金3,980円

さらにメッシュWi-Fiゲーミングカスタムなどのオプションも豊富です。
メッシュWi-Fiとは2台のメッシュWi-Fi機器を設置することで、Wi-Fiの届く範囲を広げるサービスのこと。寝室やお風呂、トイレなど、家中どこでも快適にインターネット回線を利用できるようになります。

ゲーミングカスタムは、オンラインゲームに特化した光回線で、オンラインゲームや動画をより快適に楽しみたい方におすすめのオプションです。遅延やラグが軽減されるファストコネクトオプション(ネットワーク内優先機能)が利用でき、時間帯を気にせずいつでも最高のパフォーマンスを発揮できる回線環境を提供します。

まとめ

今回の記事では、安いインターネット回線の選び方を解説しました。
コミュファ光なら、おトクな料金とハイスピードな通信を兼ね備えたメニューを取り揃えています。安く快適にインターネットを楽しみたい方は、検討してみてはいかがでしょうか。
詳しいサービス内容や提供エリアは、コミュファ光のホームページやパンフレットでご確認いただけます。
乗りかえや新規お申し込みについてのご相談は、お気軽にお問い合わせください。

記事の内容は記事公開日時点の情報です。サービスやキャンペーン内容が変更になっている場合がございますので最新の情報をご確認ください。

47_main

この記事を友達にシェアする

安いインターネット回線の選び方は?相場と選ぶときのポイントを解説!

2022年7月5日