アパートにおすすめの安い光回線の特徴や契約前のチェックポイントを解説

アパートに導入できるインターネット回線には、光回線をはじめホームルーターやモバイルルーターなども含まれます。その中で快適にインターネットを使いたいのであれば光回線がおすすめですが、アパートの場合、アパートごとにインターネット回線の状況が異なることもあるため、その確認や導入する際の注意事項を理解しておくことが必要です。

この記事では、光回線をアパートに導入するメリットや、アパートごとに確認すべき回線の状況や、回線を選ぶ際の注意点などについて解説します。

光回線がアパートにおすすめの理由

アパートでインターネット環境を整える際におすすめしたいのが光回線です。どのような理由で光回線がおすすめなのか、詳しく説明していきましょう。

月額料金がほかの回線より安いケースがある

アパートでインターネット環境を整えるには、光回線を開設するほかに、据え置き型のホームルーターや持ち運びもできるモバイルルーターを用意する方法があります。ホームルーターやモバイルルーターは工事が不要で手軽なために、おトクなイメージを持たれがちですが、実のところそうでもありません。

提供するプロバイダや通信会社などにより料金は異なりますが、ホームルーター、モバイルルーターでも月額5,000円近く必要な場合が多く、反対にアパートやマンションなどの集合住宅向けの光回線は月額3,000円台で提供されているものもあります。モバイルルーターなどでは期間限定で一時的に月額料金を安くしたプランもありますが、1年後の料金はいくらになるのかなど、しっかりと先のことも調べて料金比較することが大切です。

モバイルルーターなどと違い原則開通工事が必要な光回線ですが、その開通工事費もキャンペーンによって割引されたり無料になったりすることが多いもの。従って、プロバイダのホームページなどで情報をチェックすると初期費用を抑えて開設できる可能性が高くなります。継続して利用することを考えれば、仮に工事費用がかかったとしても光回線を使ったほうが安くなる場合が多いので、メニューや料金、キャンペーン情報などをしっかりと事前に調べたうえで、どちらがおトクなのかを判断しましょう。

実質的にデータ通信量の上限がない

モバイルルーターでは、契約上限の通信データ量に達すると、通信速度が極端に遅くなるなどの通信制限が入るのが一般的です。光回線ではそのような通信制限が発生する可能性はほとんどありません。もちろん1日に30GBを超えるような短期間で極めて大量のデータ通信が発生した際には、光回線でも通信制限が入るときがありますが、通常の利用でそれほどの通信量が発生することはまずないでしょう。

通信制限のない光回線では、映画やアニメなどの動画視聴やオンラインゲームなど比較的データ通信量の多いコンテンツでも、制限を気にかけることなく楽しむことができます。また最近頻度が増えてきた自宅でのリモートワーク中には、大量の業務用データをやり取りしたり、オンライン会議などを開催したりするケースも少なくないでしょう。これらが原因でもし通信制限がかかってしまったら、業務に支障が生じてしまうことになります。光回線ならそのような心配もないのでストレスなく仕事に集中できるでしょう。

高速で安定した通信が可能

さらにもう1つ光回線の特長として挙げられるのが、高速でしかも通信が安定していることです。高速で安定しているということは、動画視聴などの際に途中で途切れたり、カクカクしたりすることが少なくなり、それらを快適に視聴できるということ。もちろん大容量のデータをダウンロードする際も待ち時間が少なく、ストレスフリー。ホームルーターも安定した回線の1つですが、速度や安定性などの通信品質ではまだまだ光回線には及びません。

高速で安定した光回線は、利用者が多くなっても品質が落ちることがあまりないので、大家族で一度に大人数が利用する場合には特におすすめ。また、インターネットの利用頻度が高い場合も、特に品質の良さを感じることになります。例えば、オンラインゲームで遊んだり、大切なお客さまとのオンライン会議などを自宅で開催したりする機会にも、光回線のような信頼性の高い回線を選んでよかったと実感できるのではないでしょうか。

光回線の導入状況はアパートによって異なる!それぞれの特徴を紹介

光回線の導入状況は、インターネットが完備されているところからインターネット対応のアパート、また非対応のアパートまでさまざま。それぞれの状況によって光回線を使用する際の方法や注意点について紹介します。

インターネット完備のアパート

インターネット完備のアパートは、すでに部屋までインターネット回線が引かれていて、しかも契約もされているので、端末を接続するだけですぐにインターネットに接続可能です。また、利用料金は家賃に含まれていることが多いので費用負担も少なく感じるでしょう。

このように手軽にインターネット接続できるインターネット完備のアパートですが、デメリットもあります。まず挙げられるのが、自分が選んだプロバイダや接続プランではないということ。そのため自分の利用環境に適していないときには、通信速度や安定性などに不満を感じてしまうことも。ホームページを見たりメールを送受信したりする程度ならそれほど高い品質を求めることはありませんが、動画視聴やオンラインゲームなどが中心なら高速で安定した環境を整えたいと思うでしょう。インターネット完備のアパートでは、家主などが選択したプランが提供されるので、必ずしも自分のやりたいことにあったものだとは限りません。

また、仮に利用環境に不満があったとしても、必ずしも自分が希望するプロバイダと契約できるかどうか分からない、という点もデメリットです。例えば他社の光回線などがすでにアパート内に敷設されていたり、家主の許可が下りなかったりすると希望するプロバイダなどとの契約が難しくなります。

もう1点注意したいのが、インターネット完備のアパートでもWi-Fi環境がない可能性があること。ごくまれなケースだと思われますが事前に確認し、必要ならWi-Fiルーターのみ自分で用意する必要があるかもしれません。

インターネット対応のアパート

インターネット対応のアパートは、建物の共用エリアまではインターネット用回線の配線が完了しています。プロバイダとの契約や共用エリアから自室まで回線を引き込む手配は自分で行わなければなりません。インターネット完備のアパートと違い、利用料金は別途直接プロバイダに支払う必要がありますが、インターネット対応アパートならではのメリットもあります。

インターネット完備のアパートの場合は、あらかじめ決められた通信環境でしか利用できませんでしたが、対応アパートでは契約するプロバイダや通信環境、プランなどをある程度自分で選べることがメリットの1つ。ただし、事前に用意してあるインターネット回線の種類により、選択できる範囲はある程度制限され、無条件に選択できるわけではないことは覚えておきましょう。より自分に合った通信環境を望むのなら、事前に現在のインターネット回線の種類を家主などに確認し、それを元にしてプロバイダなどへ契約可能なプランを確認しておくことが必要です。

現在の回線では自分の希望する通信環境を用意できないときは、新たにその環境を整えるためのインターネット回線をアパート内に配線することができるかどうかを、家主などと交渉してもよいかもしれません。ただし、必ずしも許可されるとは限らないことは、理解しておくべきでしょう。

インターネット非対応のアパート

インターネット用回線がないインターネット非対応のアパートの場合は、当然ながら新たに用意する必要があります。光回線を新たに準備するには、近くの電柱から光ファイバー線をアパート内に引き込んで、さらに共用エリアにインターネット用の設備を設置することが必要です。従って家主や管理会社などと交渉して許可を得なければなりません。建物の状態によっては壁に穴をあけなければならないこともあり、工事ができるかどうか、また許可が得られるかどうかは建物の状態や家主などの意向によるので事前に確認しておきましょう。

また、もともとインターネット非対応である理由には、そのアパート周辺に光回線が通っていないためであることも考えられます。契約したいプロバイダや光回線提供事業者などのホームページやコールセンターなどで提供エリアを確認してから交渉などを進めたほうがよいでしょう。仮に交渉がうまくいった場合、工事ができるようになったときの通信事業者などへの工事の依頼やプロバイダとの契約は、家主や管理会社と相談して進めます。

光回線は安い月額料金で使いたい!契約前に確認すべきこと

「どうせなら少しでも安く光回線を使いたい!」と思うのは当然のこと。提供する事業者によって月額料金などが異なりますが、それ以外にも光回線をおトクに使うためのさまざまな条件があります。ここからは少しでも光回線を安く使うために、申し込み前に知っておきたいことを確認していきましょう。

携帯キャリア回線は条件や料金システムを把握しきれる内容か確認する

自分が契約している携帯キャリアと同じキャリアの光回線を使用すれば、料金割引など特典を受けられることも。通常の料金よりも割引されるので一見おトクなように見えますが、実際に契約する前に、本当におトクかどうか一度考えてみる必要があります。

まず、宣伝されているような割引を適用するには、提示されているすべての条件を満たさなければならないことを忘れてはいけません。逆に1つでも満たすことができなくなると割引などの適用を受けることができなくなります。割引前の料金で比較すると、その他の回線とあまり変わらないか、むしろ高い場合もあるので注意が必要です。

主な割引条件となるのが携帯電話の契約。そもそも同じ携帯キャリア回線の場合に割引されるので、それが制約となって携帯電話を他社へ乗りかえるのが難しくなってしまいます。近年携帯電話会社同士の競争も激しくなり、新しい料金体系やサブブランドなどを導入することも多くなってきました。仮に携帯キャリア回線の割引を受けても、元の携帯料金がほかと比較して高くなってしまえば、せっかくの割引自体の意味がなくなってしまいます。

例えば、コミュファ光なら、光ネットと光電話に加入していて、auのスマートフォンをお使いのお客さまに向けた「auスマートバリュー」というセットがあります。条件を満たせば、auスマートフォンのご利用料金が永年無料となるおトクなセット割引です。また、コミュファ光とUQ mobileのおトクなセットでは、条件を満たすと月額利用料金が継続して990円(税込)になる割引サービスも。コミュファ光なら携帯キャリアとのおトクな特典が受けられます。

申し込み窓口によって特典などが異なる場合がある

主な申し込み窓口は、「公式窓口」「プロバイダ窓口」「販売取扱店窓口」の3種類。具体的には、公式窓口は電話窓口や公式サイトなど、プロバイダ窓口は提携プロバイダの公式サイトなど、販売取扱店窓口は正規販売取扱店の公式サイトや家電量販店などからの申し込みとなります。

ここで気を付けたいのが、各申し込み窓口によって特典などが異なる場合があること。例えば公式窓口で工事費無料キャンペーンを実施していて、さらにある提携プロバイダだけWi-Fiルーターを無料レンタルしているようなケースです。また、特定の販売取扱店のみでキャッシュバックキャンペーンなどを展開している、というようなこともあるかもしれません。

光回線を申し込む際には、各申し込み窓口で実施しているキャンペーン情報などをチェックし、比較検討してから実際にどの窓口で申し込むかを決めたほうがよいでしょう。

光回線をアパートで使うならコミュファ光でおトクに始めよう!

コミュファ光は、光回線とプロバイダをセットで提供しています。従って申し込み時の手続きや月々のお支払いを1つにまとめているため、管理しやすく手間いらず。また、家族みんなで使っても快適に使える大容量のメニューから、コストパフォーマンスを重視したメニューまで、お客さまの利用環境に応じた最適なメニューを選ぶことが可能。もちろん動画やゲームでもストレスを感じない通信環境を提供しています。ゲーム向けには、ネットワーク内優先機能によって遅延を軽減する「コミュファ光ゲーミングカスタム」(有料)も用意。さらに、人気の動画配信サービスNetflixとセットで料金がおトクになる「コミュファ光 Netflixパック」も提供中です。

現在、初期費用や回線工事費が無料になるキャンペーンに加えて、他社から乗り換えの方には、乗り換え時に発生する契約解除料や撤去工事費を全額還元する「光乗りかえキャンペーンa」を実施中。現在のインターネット環境に不満をお持ちの方には、絶好の検討機会となっています。(2022年7月現在)

また、コミュファ光は独自回線を使用して常にインターネット接続を監視しているため、アパートなどの集合住宅で起こりがちな混雑時の速度対策も万全です。

まとめ

アパートにインターネット回線を整える際のおすすめは光回線。その理由は、通信が高速で安定しているから。また、データ通信量に実質上限がないため利用する家族が多い方や、リモートワークの際でも快適にインターネットが利用できます。

そして、気になる利用料金もキャンペーンなどを使うことでほかの回線よりも安くなることも。少しでも安く使うために、各申し込み窓口別のキャンペーンなどの情報を収集し、最もおトクなのはどこなのかを把握してから申し込むことが大切です。コミュファ光では、乗りかえの契約解除料などを全額還元するキャンペーンを実施中。自社回線で高速かつ安定した通信環境を提供するコミュファ光のご利用もぜひご検討ください。

60_main

この記事を友達にシェアする

アパートにおすすめの安い光回線の特徴や契約前のチェックポイントを解説

2022年7月14日

お電話でのご相談・お問い合わせ

新規お申し込み・ご相談のお客さま

問い合わせ電話0120816538
問い合わせ電話0120816538

コミュファ光をご利用中のお客さま

問い合わせ電話0120218919
問い合わせ電話0120218919

問い合わせ電話 ガイダンス説明