インターネットの引越しで必要な手続きとは?乗りかえ時のチェックポイントも解説

皆さんは、引越す際の「インターネットの手続き」の方法をご存じですか?
手続きが複雑で選択肢も多岐にわたるため、どうしてもおっくうに感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

インターネットの引越しには「継続」と「乗りかえ」2つの方法があり、乗りかえた方が手軽かつおトクなる場合も。引越しはインターネットを見直すチャンスと捉え、インターネット環境をより快適におトクに改善するための上手な乗りかえ方法をコミュファ光のサービスを交えながらご説明します。

引越し先でインターネットを使う方法

引越し先でインターネットを使うために、まず今の契約をチェックしてみましょう。

たとえば、固定回線か、それ以外か。回線やプロバイダの契約はどのようになっているか。料金はどれほどかかっているか……。 それらを踏まえて、現状のインターネット契約を継続にするか、乗りかえる(新規契約)かの2つの選択肢から判断しましょう。

インターネットの引越しが決まったらチェックすること

インターネット契約でチェックすべき点は5点。1つずつ見ていきましょう。

1.回線事業者とプロバイダ
インターネットの契約には、回線事業者と、回線をインターネットにつなぐプロバイダを個別で契約するパターンと、セットで契約するパターンがあります。

【個別契約の場合】
個別契約の場合は両方の解約が必要です。プロバイダのみ解約して手続きが終わったと思ったら、実は回線の料金支払いが続いていたといったケースもありますので注意をしてください。

【セット契約の場合】
プロバイダに一括してインターネットの引越し手続きを依頼できます。

2.サービス対象地域
次に、引越し先がサービス対象地域かどうかもチェックしましょう。サービス対象地域内でも、色々な事情から回線の種類が制限される地域もありますので、住まいの契約前に確認が必要です。

3.引越し先がマンションか戸建てか
引越し先がマンションか戸建てかによって、回線契約が分かれます。最近では、賃貸マンションに最初からインターネット回線が引かれ、家賃にインターネット料金が含まれる物件もありますので、引越し先の物件情報をチェックしておきましょう。

4.契約期間
契約期間もチェックが必要です。光回線はほとんどの場合、更新のタイミングに解約すれば、契約解除料はかかりません。逆に、それ以外のタイミングでは契約解除料が発生し、回線とプロバイダの双方で契約解除料が設定されている場合は数千円から数万円がかかることも。ただし後述のキャンペーンによって、乗りかえ時に契約解除料が実質0円になる可能性もあります。

5.毎月の使用料金
そして最も重要な毎月の使用料金もチェック。今、月にいくらインターネットの料金が発生しているかを押さえておくことで、引越し前後の料金差を把握できます。場合によっては、引越し先でよりおトクな回線契約が可能になりますので、次で詳しく見ていきましょう。

継続?乗りかえ?2つの方法

インターネットを引越し先で使うためには2つの方法があります。

1つは「継続」。つまり今使っているインターネットを引越し先に移転し、そのまま同じ回線とプロバイダの契約で使う方法です。

もう1つは「乗りかえ」。今の回線を解約し、引越し先で新たに回線を契約するという方法。手間をできるだけ減らしたい方は「継続」、おトクに使いたい方は「乗りかえ」がおすすめです。

【継続利用の場合】
継続利用の場合は、自分が契約している回線業者とプロバイダに電話またはウェブサイトから引越しの申請をします。前提として、引越し先が現在契約中のインターネットサービスに対応している必要があるので、事前に確認しておきましょう。

引越し先でも継続利用することで、契約変更の手間がなく、契約解除料も発生せず、月額料金の変動もありません。メールアドレスやセキュリティソフトなどのオプションもそのまま。引越し後、あまり手間をかけずにインターネットを利用できる手軽さは大きなメリットです。

要注意なのは、工事費用がかかる場合があること。新居で光回線の接続工事や、住んでいた家での撤去工事などの費用負担を求められる場合があります。事前にチェックし、あまりに高いようでしたら乗りかえを検討しましょう。

【乗りかえの場合】 乗りかえの場合は、今の回線・プロバイダを解約し、新規で別の会社と契約します。

乗りかえのメリットは、複数の事業者が提供する回線サービスから、自分に合ったサービスを選べること。これまでよりも安定した回線、高速な回線を契約すれば、新居のインターネット環境がグッと良くなります。

また、企業間の競争が激しいため、各社の乗りかえキャンペーンが活発なのも嬉しいポイント。契約解除料相当のキャッシュバックや、初年割引、あるいはポイント還元や、商品の割引など、さまざまな方法でおトクな契約を結べます。時期によってキャンペーン内容が大きく変わるため、割引額が変動する点には留意しておきましょう。

乗りかえのデメリットは、メールアドレスなどのオプションがこれまでと変わる可能性があることです。もし現在のプロバイダの提供するオプションを使い続けたい場合は、引越し先でも同じプロバイダと、対応する回線業者を探してみましょう。

インターネットの引越しに必要な手続き

引越し先の回線をこれまでと同じにするか、乗りかえるかが決まったら、さっそく手続きに入りましょう。

ここでは、インターネット引越し手続きの流れをご紹介します。継続する場合と乗りかえる場合の違いについても見ていきましょう。

継続する場合

今の回線契約を新居でも継続する場合は、はじめに引越し先で同じインターネット回線が利用できるか、チェックする必要があります。

サービス提供エリア外では、今のサービスをそのまま継続できない場合も。各社の公式サイトにはエリアチェック用のページが用意されているので、事前に調べておきましょう。また賃貸マンションに引越す場合は、はじめから物件にインターネット環境が整備されており、家賃に回線料金が含まれている可能性もあります。こちらも不動産会社の出している物件情報などで、事前チェックが必要です。

回線の引越しが可能な場合は、プロバイダや回線事業者に引越しの連絡を入れましょう。 その際、回線事業者とプロバイダを別々に契約している場合は、その両方で引越しの手続きをします。回線事業者とプロバイダがセットになった契約の場合は、プロバイダに連絡するだけで手続き完了です。

回線事業者、またはプロバイダから引越し時の案内を受け取り、引越し先での工事日程の調整をします。引越し先でのプランをチェックしたら、あとは工事日を待つだけ。

ちなみに、工事日程の調整は早めに済ませておくのがおすすめです。引越しシーズンでは連絡してから工事開始までに1カ月以上かかる場合もあり、「引越したけど固定回線も電話も衛星放送も使えない」というトラブルが考えられます。早めに手続きしておきましょう。

また、料金も事前チェックがおすすめ。マンションから戸建てへ、あるいは戸建てからマンションへ引越す場合は、多くのサービスで料金体系が変わります。マンション回線の方が基本的に割安です。

工事が終われば、これまで通りのインターネット回線を使えるようになります。

乗りかえる場合

回線契約を乗りかえる場合は、契約中サービスの解約と、新サービスの契約作業を並行して行います。

まず現在使用中の回線事業者とプロバイダに、電話または公式サイトの契約者向けページから解約を申請。解約時には、契約者のIDや契約中の電話番号を控えておくとスムーズです。

電話の場合、オペレーターと解約の手続きを進める際に、レンタル中の機器の返却と、回線撤去作業の有無が伝えられます。また、工事費用の残金や契約解除料がある場合は、どのように精算するかを聞いておきましょう。残金がある場合は、分割払いの継続、一括精算などの選択肢があるので、こちらも確認が必要です。
ネットの場合も同様に手続きを進めましょう。

並行して、新サービスの検討と、申し込みをします。オンラインでの契約も可能です。

オンライン契約の場合、じっくりと情報収集ができ、口コミサイトで利用者のナマの声を比較検討できるというメリットも。最近では各種ウェブサイトだけでなく、SNSや動画サイトにも情報が充実しています。

ちなみに、プロバイダが回線と一体化している業者であれば、手続きが比較的簡単に済ませられるのでおすすめです。今後も引越しする可能性がある場合などは、プロバイダを回線一体型にしておくと今後の手間が省けます。

引越しはインターネット見直しのチャンス!乗りかえ時のポイント

ここまでは引越し時の継続と乗りかえについて紹介してきました。

引越し時は手続きの必要があり、手間と感じるかもしれません。ですが、引越しは回線契約を見直す数少ないチャンスでもあります。

乗りかえてかつ新規申し込みの方には、各社大胆な割引キャンペーンを実施している場合があり、今よりもさらにおトクで、回線の品質がよいサービスを使うチャンスです。新居での快適なインターネット生活をスタートしたい場合は、一度乗りかえを検討すべきでしょう。

とはいえ、「快適なインターネット」とはどのようなものでしょうか。この章では、乗りかえ時のポイントについて解説します。

快適なインターネット環境を手に入れるために押さえたいポイント

【ポイント1 IPv6規格への対応】
快適な回線、すなわち速くて途切れにくいインターネット環境が提供されているかどうかの判断基準として、プロバイダの「IPv6規格への対応」は外せません。

IPv6規格とは、従来使用されてきた「IPv4」規格よりも高速通信ができる規格です。現在はIPv4とIPv6のどちらも利用されていますが、今後は徐々にIPv6へ移行していきます。

このIPv6規格によって、従来使用していた「網終端装置」を経由せずにインターネットにつながり、光回線のポテンシャルをより引き出せるようになりました。クルマで例えれば、一般道から信号のない高速道路へと切り替わったイメージです。

ただし、これだけでは家庭内のインターネット環境は十分な通信速度になりません。回線だけでなく、接続するルーターなどの機器もIPv6に対応しているか、チェックしましょう。

【ポイント2 十分な通信速度】
先述のIPv6によって光回線の性能はより引き出されるようになりましたが、一般的に各社が宣伝する回線速度は「ベストエフォート」、つまり理論上の最高速度です。

実際にどれほどの回線速度で使用できているかを知りたい方は、「実測値」も調べてみましょう。

一般的に、下りの通信速度が500Mbpsを超えていれば快適と言われています。SNSや口コミサイトで、「○○(サービス名)+実測値」などのワードで検索し、実際の利用者の声を集めてみると、検討しやすくなるので試してみてください。

【ポイント3 求めるオプションへの対応】
プロバイダが提供するのはインターネット回線の接続サービスだけではありません。電話、BSデジタルなどの衛星放送、セキュリティ対策ソフトやWi-Fi機器のレンタルなど、提供オプションは多岐にわたります。

現在の契約をもとに、「あった方が良い」と思えるものをリスト化し、必要なオプションを提供している事業者を選びましょう。

【ポイント4 サポートが充実】
新たにインターネット回線を契約する際は、さまざまな契約手続きや工事、設定などの手間が発生します。プロバイダによっては、電話や訪問によるサポートがあるので活用しましょう。また、契約後も設定の案内や故障時の対応が受けられます。

キャッシュバックなどキャンペーンにも注目!

乗りかえの大きなメリットといえば、やはりキャンペーンによる割引を利用できるという点です。

キャンペーンには、新規申込時のキャッシュバックや、契約後の数カ月間にわたる月額料金の値引き等があります。また、契約解除料や撤去工事費を現金やポイントで還元するサービスや、初期費用が割引になる特典も。至れり尽くせりのキャンペーンをうまく活用することで、契約を継続した場合に比べて数万円単位の節約につながるでしょう。

ただし、多くのキャンペーンは期間限定のもの。工事費は基本的にどの会社も実質無料になるキャンペーンを実施しているために差はほとんどありませんが、キャッシュバックは時期によって金額が変わります。

おトクに乗りかえるためには、各社が実施しているキャッシュバックなどのキャンペーンを吟味し、有効活用しましょう。

東海地方の高速インターネットはコミュファ光がおすすめ!

光回線のサービスを提供する企業はたくさんありますが、そのなかでも、これから愛知・岐阜・三重・静岡・長野の5県への引越しを予定されているなら、「コミュファ光」がおすすめです。その理由について、深掘りして見ていきましょう。

高速で安定したインターネットサービス

コミュファ光の特長は、回線の混雑が少なく、通信速度が速いことです。
光回線を利用している方の中には、夜になると速度が落ちる、定期的に動画が止まるなどのトラブルを経験された方もいらっしゃると思います。

コミュファ光では、独自の専用回線と、インターネット接続状況に応じて回線を増強する仕組みにより、インターネットの回線が混みやすい時間帯でも最大10Gbpsの安定した高速通信を実現しました。

「RBB SPEED AWARD 2021」のWi-Fi速度の部「東海」最優秀を受賞しており、高速かつ安定したインターネットを利用できると好評です。

また、プロバイダと回線契約がセットになっており、手続きも簡単。インターネットの開通工事では、1回の工事で回線を開通させるため、期間も短めです。工事の際に機器の設置や初期設定まで実施するため、工事後にすぐインターネットが使えます。

さらに、セキュリティ対策ソフトや迷惑メール判定機能が無料になるなど、豊富なオプションメニューも用意されているので、ぜひチェックしてみてください。

お住まいになるエリア確認をしたい場合は、こちらのコミュファ光のサイトで簡単に確認することができます。

乗りかえ時におトク!新規契約時のキャンペーンが充実

コミュファ光は、乗りかえのキャンペーンも充実。特に注目すべきは以下に紹介する3つのキャンペーンです。

【コミュファ光スタート割】
「コミュファ光スタート割」では、光インターネットの通常料金が月額5,775円に対し、1年目は月額3,980円から利用できるため、1年でおよそ2万円の固定費が節約できます。また、2年目以降もずっと月550円の割引が適用され、月額5,215円から利用が可能です。

【初期費用0円キャンペーン】
初期費用0円キャンペーンでは下記の費用が無料になります。
・契約事務手数料(770円)
・光電話工事費(3,300円)
・番号ポータビリティ工事費(2,200円)

【光乗りかえキャンペーン】
光乗りかえキャンペーンでは、対象メニューの契約で、他社の契約解除料、撤去工事費なども全額還元。コミュファ光の開通後に、これまで使用していた光回線の解除料明細を送ることで申請ができます。

コミュファ光回線の詳細やキャンペーン内容は、こちらからご覧ください。

※表記の金額は、一部を除きすべて税込価格です。消費税計算の都合上、実際の請求額とは異なる場合があります。

まとめ

引越しが近づいてからのインターネット回線手続きは、忙しくなりがち。契約中の回線事業者・プロバイダに連絡し、引越し工事を手配し、乗りかえ先との契約を済ませるなど、さまざまな手続きが発生します。しかし、工夫次第では毎月の固定費を大きく下げるチャンス。この機会を逃さずに、契約プランを見直してみましょう。

エリアによって回線業者が提供するサービスには違いがあるため、時間のあるうちに「乗りかえ」を検討されることをおすすめします。

そして、東海地方への引越しは、高速かつ安定した回線をおトクに利用できる「コミュファ光」をぜひご利用ください。

42_main

この記事を友達にシェアする

インターネットの引越しで必要な手続きとは?乗りかえ時のチェックポイントも解説

2022年7月5日

お電話でのご相談・お問い合わせ

新規お申し込み・ご相談のお客さま

問い合わせ電話0120816538
問い合わせ電話0120816538

コミュファ光をご利用中のお客さま

問い合わせ電話0120218919
問い合わせ電話0120218919

問い合わせ電話 ガイダンス説明