光回線の工事内容とは?期間や工事前に行うこと、注意事項までまとめて解説

近年、仕事や趣味など、さまざまな場面でインターネットを活用することが当たり前になりました。それにともない、高速な光回線を自宅に導入して快適にインターネットを楽しみたいと考える方は多いのではないでしょうか。

しかし、光回線の導入にどのような工事が行われるかわからないなど、導入に際して疑問を持っている方もいるでしょう。

そこで本記事では、光回線の工事内容や期間、準備として行うことや注意事項をまとめて解説します。

光回線の工事内容や工事期間

光回線を導入する際には、工事が必要です。工事では具体的にどのようなことを行うのでしょうか。ここでは、工事内容とあわせて工事期間の目安についても解説します。

光ケーブルを引き入れるための工事

光回線の工事は、光ケーブルを自宅(自室)へ引き込むために行います。光回線の工事は屋外と屋内の工事に分かれており、屋外の工事は電柱から建物へ光ケーブルを引き込む工事です。屋内の工事では、自室へ光ケーブルを引き込むために、光コンセントなどを設置します。

光回線を引き入れる際には、戸建てとマンションで多少内容が異なりますが、大まかには屋外と屋内の工事が必要であることに変わりはありません。マンションタイプで、建物自体へ光ケーブルを引き入れる屋外工事を完了している場合は、屋内工事だけで済むこともあります。

工事期間は1カ月~2カ月が目安

光回線の工事期間は混雑状況によっても左右されますが、申し込んでから工事を完了するまでの目安は1カ月~2カ月程度です。なかには、2週間程度で完了することもあります。

屋外工事と屋内工事はまとめて行われることが多いといえますが、業者によってはそれぞれを別日に実施することもあります。

いずれも、申し込んでからすぐに光回線を使えるわけではないため、事前に工事期間を確認して早めに申し込みましょう。

光回線の工事前に行うこと

光回線の工事の前には、いくつか準備しておくことがあります。ここでは、工事前に行うことを簡単にまとめたため、1つずつ見ていきましょう。

そもそも提供エリア内か確認する

光回線の工事について考える前に、まずは契約が可能かどうかを確認しましょう。光回線は、回線事業者ごとに提供可能エリアを定められています。

基本的には地域によって提供の可否が変わりますが、提供エリア内であっても建物の位置や状況によっては契約できないこともあります。そのため、事前にしっかりと確認することが重要です。

賃貸にお住まいのお客さまは管理者へ許可をもらう

光回線の工事では、壁に穴を開ける作業などが必要となる可能性があるため、賃貸物件では工事を依頼する前にオーナーや管理会社などの許可をもらう必要があるでしょう。

また、回線工事によって建物に傷が付くことを理由に拒否される可能性もあるため、工事における配線方法を回線事業者に確認しておきましょう。基本的に、回線工事は建物に傷を付けないように行われます。例えば、エアコンのダクトから回線を引き入れるなど、すでに空いている穴を使用することが多いです。

このように、具体的な工事内容を把握しておけば、賃貸でも光回線の工事を許可してもらえる可能性があります。

なお、事業者によっては導入承諾を事業者側で取得する場合もあるのですが、コミュファ光では事業者側で導入承諾を取得し、お客さまの承諾取得は不要になっているため手間がかかりません。

機器の設置場所を決めておく

屋内工事では、自宅に光コンセントや回線終端装置(ONU)を設置します。一度設置してしまうと、移動するためには再度工事が必要となるため、自身にとって最適な設置場所を慎重に検討しておくことが重要です。

建物の構造によっては希望の場所へ設置できない場合もあるので、希望する設置場所はいくつか考えておくとスムーズに工事を進められるでしょう。

また、事業者によっては機器設置も含め、すべて屋内工事の際に実施することもありますが、コミュファ光では機器設置や工事を含め、すべて専門のスタッフが対応するので安心です。

光回線の工事に関する注意事項

光回線の工事に関しては、事前にいくつか知っておくべきことがあります。特に重要な2つの事項について、注意点として紹介します。

工事には料金が発生する

立ち会いが必要

屋内工事は自宅内で行われるため、原則として立ち会いが必要です。屋内工事は1~2時間ほどが目安であり、工事の最中に特別何かを行う必要はありません。しかし、スケジュールを調整して、工事の現場にいなければならない点は覚えておきましょう。

なお、マンションタイプで自室へ光コンセントを設置済みのお客さまは、回線終端装置を設置するだけのため、立ち会いが不要となる場合もあります。

また、コロナ禍ということもあり、業者側では毎朝の検温やマスク、アルコール消毒を徹底し、ソーシャルディスタンスを保つ形での立会を実施しています。

光回線でお悩みのお客さまにはコミュファ光がおすすめ!

光回線を検討している、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県にお住まいのお客さまへは、コミュファ光がおすすめです。

高速かつ安定した回線

コミュファ光は回線とプロバイダを一本化したサービスで、最大10Gbps/1Gbps※などの高速回線を提供しているため、用途に合わせた高速な光回線を選択可能です。

独自回線で回線の混雑も起こりづらく、快適なインターネット環境を提供します。動画視聴やゲーム、音楽ストリーミング視聴などもコンテンツキャッシュによって快適に使用可能です。

工事がスムーズ

また、コミュファ光の回線工事は屋外・屋内工事を同日に実施し、2度の日程調整は必要ありません。また、賃貸で承諾が必要な際は、お客さまの代わりに管理会社やオーナーへの承諾取得対応を実施するので、お客さまの負担なく回線工事を進められます。

工事の際に機器設置を行ってくれるほか、無料でセットアップまで実施してくれるので、機器設置や端末接続に不安をお持ちの方はおすすめです。

※提供エリアについては、コミュファ光ホームページのこちらをご確認ください。

おトクなキャンペーン・サービスが充実

コミュファ光では、おトクに光回線を導入・乗りかえできるキャンペーンも実施しています。他社契約解除料や撤去工事費などを全額還元する『光乗りかえキャンペーン』、『オプション加入キャンペーン』、『初期費用0円キャンペーン』などを行なっています。

その他にも、セキュリティ対策として、ウイルスバスターを標準提供しています。インターネット・パソコン周りの「困った」を一括サポートする安心サポートPlusもあるため、安心してご使用いただけるでしょう。加えて、Netflixを一定期間無料で使用できるキャンペーンも実施しています。

キャンペーンの詳細についてはこちらからご確認いただけます。

NETFLIXスタートキャンペーンはこちら

※本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実際の使用における一定の通信速度を保証するものではありません。また、お客さまのご使用機器、設定状況、LAN環境などにより、通信速度は異なります。

※ウイルスバスター クラウド 月額版(1台版)を提供します(30メガメニューを除きます)。

※提供エリアについては、コミュファ光ホームページのこちらをご確認ください。

まとめ

光回線を導入するには、光ケーブルを自宅(自室)へ引き込むための工事が必要です。工事は屋外工事と屋内工事に分けられ、マンションタイプにお住まいのお客さまは、自室へ光ケーブルを引き込むための屋内工事だけで済む場合もあります。

回線工事の事前準備として、提供エリアの確認やオーナー・管理会社への承諾取得、機器の設置場所の決定が必要です。あわせて、工事料金が発生することと、屋内工事には立ち会いが必要であることは注意点として覚えておきましょう。

なお、回線事業者やプロバイダによっては、工事料金が無料となるキャンペーンを実施しています。コミュファ光では、おトクに光回線を導入・乗りかえできるキャンペーンを多数実施しているので、この機会にコミュファ光の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を友達にシェアする

光回線の工事内容とは?期間や工事前に行うこと、注意事項までまとめて解説

2022年3月17日

お電話でのご相談・お問い合わせ

新規お申し込み・ご相談のお客さま

携帯からでもOK!
営業時間 9:00 〜 18:00(年中無休)

コミュファ光をご利用中のお客さま