ルーターとは?モデムや回線終端装置(ONU)、Wi-Fiとの違いや選び方のポイント

ブロードバンドルーター(ルーター)は、インターネット接続に欠かせない存在です。有線接続・無線接続を問わず、スマートフォンやパソコンがインターネットに接続するためにはブロードバンドルーターが必要です。

その際、ブロードバンドルーターだけでなくその他の機器も必要となりますが、それぞれどのような役割を担っているのでしょうか。この記事では、ブロードバンドルーターの概要から、その他の機器との違い・選び方までわかりやすく解説します。

ブロードバンドルーターとは?役割と関連機器との違い

ブロードバンドルーターとは?役割と関連機器との違い
はじめに、ブロードバンドルーターについての基礎知識として、役割やその他の機器との違いについて解説します。

ブロードバンドルーターは異なるネットワーク間をつなぐ存在

ブロードバンドルーターは異なるネットワークの間に立ち、経路(ルート)を選択する機器です。例えば、自宅のネットワークとインターネットは異なるネットワークであるため、通信するためにはお互いの場所がわかるように経路を変換する必要があります。その役割を担う存在がブロードバンドルーターです。

自宅ネットワークとインターネットのような場合だけでなく、企業などで利用する大規模ネットワークの場合は、限られた範囲内でパソコンや情報機器などを接続しデータ通信を行なうLAN(Local Area Network)も複数に分けられています。そのため、相互通信のためにブロードバンドルーターが必要となります。

ブロードバンドルーターは、異なるネットワークを相互に接続するために必要不可欠であり、自宅でインターネットを利用する際には欠かせない存在です。

モデムや回線終端装置(ONU)との違い

インターネット契約の際には、ブロードバンドルーターだけでなく「モデム」や「回線終端装置」という単語を聞く機会も多いでしょう。

「モデム」は電話回線などのアナログ信号とデジタル信号を相互に変換するための装置であり、「回線終端装置」は光信号をデジタル信号に相互変換するための装置です。

アナログ電話回線を流用し、インターネット接続を行なうADSLではモデムが必須ですが、光回線の場合には回線終端装置が必須となります。パソコンやスマートフォンなどはデジタル信号によって通信を実現しているため、インターネットを利用するためにモデムや回線終端装置も欠かせない存在です。

ブロードバンドルーターは、変換されたあとのデジタル信号を使ってネットワーク間をつなぎます。そのため、インターネットとの接続ではモデムや回線終端装置が変換を行ない、その後ブロードバンドルーターによって通信が実現します。

モデムや回線終端装置は、インターネット契約の際にプロバイダからレンタル可能です。近年では、ブロードバンドルーターとモデム・回線終端装置が一体となった機器をレンタルできる場合が多くなっています。

Wi-Fiとの違い

昨今は無線接続でインターネットを利用することも一般的となり、“Wi-Fiルーター”などの名称も聞く機会が増えたため、Wi-Fiとブロードバンドルーターの違いがわからないという方もいるかもしれません。

Wi-Fiは機器ではなく、無線接続の通信規格のことを表します。無線接続の規格や技術はさまざまなものが存在しますが、主にWi-Fiはパソコンやスマートフォンなどをインターネットに接続する際に利用します。

ブロードバンドルーターは機器、Wi-Fiは規格という違いがあり、ブロードバンドルーターのなかでも無線接続できるものをWi-Fiルーターや無線ルーターと表現します。

Wi-Fiについては、“Wi-Fiって一体どういうもの?概要から種類、利用するうえでの注意点までわかりやすく解説!”にて詳しく解説していますのでこちらもぜひご覧ください。

※Wi-Fi通信を行うには、Wi-Fi対応の機器が必要です。
※「Wi-Fi」はWi-Fi Allianceの登録商標です。

ブロードバンドルーターの選び方

ブロードバンドルーターにはさまざまな製品が登場しており、種類も豊富です。そのなかから最適なブロードバンドルーターを選ぶためのポイントを紹介します。
ブロードバンドルーターの選び方

接続方法(有線・無線)で選ぶ

ブロードバンドルーターを使ってインターネットに接続する際には、有線接続か無線接続かを選択できます。スマートフォンの有線接続は難しいですが、パソコンはデスクトップパソコンなら有線、ノートパソコンなら無線というように使い分けることが可能です。

近年では、ほとんどのブロードバンドルーターが無線(Wi-Fi)に対応していますが、自宅では有線と無線のどちらをメインとするかを事前に把握しておくことが重要です。有線接続がメインであれば有線接続のスペックが高く、無線接続のスペックが低いブロードバンドルーターでも問題ないでしょう。逆に、無線接続しかしないのであれば無線接続のスペックが高いブロードバンドルーターを選ぶようにしましょう。

そのため、有線接続がメインとなる場合でも、無線接続が可能なブロードバンドルーターを選ぶとよいでしょう。

通信速度・対応規格で選ぶ

次にポイントとなるのは、通信速度や対応規格です。

有線接続の場合は、LANポートの規格を確認します。100BASE-Tや1000BASE-Tなどの規格がありますが、主に“ギガビット対応”と記載されたブロードバンドルーターを選ぶとよいでしょう。ギガビット対応は、1Gbps以上の通信速度に対応していることを表します。有線接続の通信速度に関しては、最大2.5Gbps/10Gbpsなどの高速通信に対応している場合もあります。

無線接続の場合は、無線LAN規格(IEEE802.11)を確認します。無線LAN規格(Wi-Fiの規格)には、いくつか種類があります。

規格名

名称

最大通信速度

周波数

IEEE802.11ax

Wi-Fi 6

9.6Gbps

2.4GHz/5GHz帯

IEEE802.11ac

Wi-Fi 5

6.9Gbps

5GHz帯

IEEE802.11n

Wi-Fi 4

300Mbps

2.4GHz/5GHz帯

IEEE802.11g

54Mbps

2.4GHz帯

IEEE802.11a

54Mbps

5GHz帯

無線LAN規格は、対応する規格によって通信速度が大きく異なります。最低でもWi-Fi 4(IEEE802.11n)以上に対応したブロードバンドルーターを選ぶとよいでしょう。Wi-Fi 6に対応したブロードバンドルーターを選べば間違いありませんが、価格も高くなるため、自宅の環境に合わせて選択することがおすすめです。

接続可能台数で選ぶ

ブロードバンドルーターには、接続可能な台数に制限があります。有線接続の場合はLANポートの数によって簡単に判別できますが、無線接続の場合もブロードバンドルーターの性能によって制限があるため注意が必要です。

昨今はパソコンやスマートフォンだけでなく、ゲーム機やスマート家電などもインターネットに接続することが多く、これらはWi-Fiを使ってインターネットに接続する場合がほとんどです。

そのため、ブロードバンドルーターを選ぶ際には自宅でインターネットに接続する機器の台数を事前に把握し、対応できるブロードバンドルーターを選ぶ必要があります。

ブロードバンドルーターの設置場所には注意しましょう

ブロードバンドルーターを設置する際には、設置場所にも注意する必要があります。テレビの裏などに設置する場合、ブロードバンドルーターが見えないので見栄えは良くなりますが、遮蔽物が多くなるため通信速度が低下するなど、技術面においてあまり好ましくないとされています。

このような場合、メッシュWi-Fiを活用すれば改善することができます。メッシュWi-Fiは家の各所に配置した中継器と自動接続を可能にするので、常に最適な接続先につながります。遮蔽物がある場合でも、メッシュWi-Fiは通信が安定した接続経路に自動で変更するので、ブロードバンドルーターの設置場所の選択肢が広がるでしょう。

光回線でお悩みのお客さまにはコミュファ光がおすすめ!

コミュファ光は回線とプロバイダを一本化したサービスで、最大10Gbps/1Gbpsなどの高速回線を提供しており、用途に合わせた高速な光回線を選択可能です。ご契約の際には有線・無線を問わず、高速な規格に対応したブロードバンドルーター・回線終端装置一体型のホームゲートウェイを提供しています。

テレワークやオンライン授業の需要が増えている昨今でも、コミュファ光の高速な光回線なら快適なインターネット生活を楽しめます。また、中部テレコミュニケーションの独自回線を利用しているため、混雑が起こりづらく回線速度も遅くなりづらい点が特徴です。

また、コミュファ光ではメッシュWi-Fiも取り扱っております。2台のメッシュWi-Fi機器を設置するだけで、快適な通信環境を実現。ブロードバンドルーターの設定も不要で、どなたにでも簡単に導入できます。通信速度に不満を抱えているお客さまや、家のなかで電波が届きにくい部屋があるお客さまなどにおすすめです。

そのほか、Wi-Fi 6対応のホームゲートウェイ(10ギガメニューでの提供)も標準提供しており、ビームフォーミングにより離れた場所や障害物の多い場所でも、最適な電波を受信することができます。

オプションも豊富で、セキュリティ対策としてウイルスバスターの標準提供や、インターネット・パソコン周りの「困った」を一括サポートする“安心サポートPlus”などを提供しています。

加えて、Netflixが一定期間無料で利用できるキャンペーンや、他社契約解除料や撤去工事費などを全額還元する『光乗りかえキャンペーン』、『オプション加入キャンペーン』、『初期費用0円キャンペーン』などを行なっています。

このようなキャンペーンを利用することで、乗りかえ時のデメリットを解消し、おトクに高速なインターネット回線へ乗りかえることができます。

キャンペーンの詳細についてはこちらからご確認いただけます。

※本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実際の使用における一定の通信速度を保証するものではありません。また、お客さまのご利用機器、設定状況、LAN環境などにより、通信速度は異なります。

※ウイルスバスター クラウド 月額版(1台版)を提供します(30メガメニューを除きます)。

※提供エリアについては、コミュファ光ホームページのこちらをご確認ください。

※ご利用にはWi-Fi 6対応の機器が必要です。

まとめ

ブロードバンドルーターは異なるネットワークの間に立ち、通信経路を選択する機器です。ブロードバンドルーターとあわせて、モデムや回線終端装置もインターネットに接続する際には欠かせない存在となっています。

ブロードバンドルーターを選ぶ際のポイントとしては、接続方法、通信速度・対応規格、接続可能台数を基準に選ぶとよいでしょう。

近年では、インターネット契約の際にプロバイダからモデム・回線終端装置・ブロードバンドルーターが一体となった機器をレンタルできる場合が多くなってきました。

より良い通信環境を構築するためにブロードバンドルーターを購入する際には、選び方で紹介したポイントをもとに最適なブロードバンドルーターを選んでみてはいかがでしょうか。

記事の内容は記事公開日時点の情報です。サービスやキャンペーン内容が変更になっている場合がございますので最新の情報をご確認ください。

ルーターとは?モデムや回線終端装置(ONU)、Wi-Fiとの違いや選び方のポイント

この記事を友達にシェアする

ルーターとは?モデムや回線終端装置(ONU)、Wi-Fiとの違いや選び方のポイント

2022年3月3日