現在利用している回線は速い?遅い?回線種類ごとの目安に加え、プロバイダごとの目安もチェック

インターネットを快適に利用できるどうかを大きく左右する、回線速度。「自分の使い方にとって必要な回線速度はどれぐらい?」「現在利用している回線はその目安を満たしている?」といった疑問を解消したいと思っている方は多いでしょう。

回線速度は、光回線、ケーブルテレビ(CATV)、ADSL、モバイルルーター(ポケットWi-Fi)など、回線の種類によって大きく変わります。さらに、同じ種類の回線でも、回線事業者やプロバイダによって異なるでしょう。この記事では、自分が利用している回線の速度をチェックするための具体的な方法を解説します。

回線速度をチェックするための基礎知識

回線速度をチェックする方法を紹介する前に、まずは基礎知識として覚えておきたい用語や単位について解説します。これから登場する言葉はどれも「聞いたことはあるけど、意味をよく知らなかった言葉」かもしれません。しかし、どれもインターネットを快適に利用する上で理解しておくべき大切なキーワードです。ぜひこの機会に覚えておきましょう。

「bps」の意味

回線速度は主に「bps」という単位で表され、ビー・ピー・エスと一般的に読まれています。

bpsは「bit per second(ビット・パー・セカンド)」の略で、直訳すると「1秒当たりのbit数」。つまり、1秒間に何bitのデータを送受信できるかという意味です。この数値が大きいほど、多くのデータを送受信できることになります。

bpsは大抵「k(キロ)」「M(メガ)」「G(ギガ)」といった文字を頭に付けて使われます。「k」は1,000倍、「M」は「k」の1,000倍、「G」は「M」の1,000倍という意味です。次に、それを整理してみましょう。

1,000bps=1kbps
100万bps =1,000kbps=1Mbps
10億bps =1,000Mbps=1Gbps

データ量の単位には「Byte(バイト)」もあり、1Byte=8bitと定義されています。ビットとバイト、発音は似ていますが、このように意味が異なるので、回線速度について調べる際は気を付けましょう。

「上り」「下り」の意味と、用途別の速度目安

回線速度には「上り」「下り」の2種類があり、「上り」はデータをアップロードするときの回線速度、「下り」はデータをダウンロードするときの回線速度を表します。

具体的な使用シーンは、「上り」の回線速度はメールの送信や画像・動画の投稿にかかる時間、「下り」の回線速度はメールの受信、Webサイトや動画の閲覧にかかる時間です。

インターネットを利用するときは一般的に「下り」に関わる使用シーンが多いはず。そのため回線速度について調べる際は、「下り」の速度を特に重視しましょう。各事業者がカタログなどで提示している最大通信速度も一般的に「下り」の速度を表しています。

【「下り」の用途別 快適に使うための回線速度の目安】

ジャンル

内容

目安

ネット

Webページの閲覧

1~5Mbps

コミュニケーション

メールの受信

1Mbps

コミュニケーションツール(LINE等)

1Mbps

ビデオ通話・Web会議

3Mbps

ゲーム

オンラインゲーム

30Mbps以上

動画

SD(480p)

1.1Mbps以上

HD(720p)

2.5Mbps以上

フルHD(1080p)

5 Mbps以上

4K

20Mbps以上

最大通信速度

インターネットの速度を説明する際に登場する「最大通信速度」。どの回線事業者・プロバイダのカタログにも書かれているこの言葉の意味をご存じでしょうか。

最大通信速度とは「条件が整ったときに理論上では実現可能な通信速度」のこと。各回線事業者・プロバイダは、必ずしもその速度が出ることを保証しているわけではありません。

そのため、快適に使える回線について調べる際には、最大通信速度よりも、実測値が重要になります。ただ、最大通信速度が速ければ実際の速度も速くなる傾向はあるため、最大通信速度も参考になるでしょう。

では、どうすれば実測値を測ることができるのでしょうか。その方法はこの記事内で後ほど解説します。

「Ping値」の意味と目安

オンラインゲームをプレイする場合は、「Ping値」にも注目してみましょう。Pingはピン、またはピングと読みます。

Ping値とは、データの応答速度を表す数値のこと。単位は「ms(ミリ秒)」で、この値が小さいほど通信の遅延が少ない、ということになります。そのため動きが激しいFPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)や格闘ゲームなどをオンラインでプレイする方にとっては、快適性に特に大きな影響を及ぼす項目です。

WebサイトやSNSの閲覧といった一般的な用途でインターネットを利用する場合は50ms以下、オンラインゲームをプレイする場合は30ms以下のPing値が、快適に利用できる目安といわれています。

回線の種類と速度目安

インターネットを利用するための回線の種類はさまざま。それぞれの最大通信速度の傾向と、実測値の平均を紹介します。

光回線

光回線は光ファイバーケーブルを利用した、現在主流の高速なインターネット回線です。

最大通信速度はサービスにより異なりますが、1Gbpsから10Gbpsまで幅広く、実測値の平均は200Mbps程度といわれています。ほかの種類の回線と比較して非常に高速でノイズが少なく、安定した通信が可能です。

ケーブルテレビ(CATV)

ケーブルテレビの回線を使ったインターネット回線。最大通信速度は1Gbpsのサービスが多く、実測値の平均は100Mbps程度といわれています。

ADSL

電話回線を使用したインターネット回線。最大通信速度は100Mbps、実測値の平均は10Mbps程度であり、光回線と比較すると非常に低速です。

かつてはインターネット回線の定番でしたが、近年はサービスを終了する事業者が増え、例えばNTT東日本・西日本の「フレッツ・ADSL」は2023年1月末、ソフトバンクの「Yahoo! BB ADSL」は2024年3月末に、サービスを終了することが決まっています。

ADSLを利用している方は、サービスが終了するまでに別の回線に乗りかえる必要がありますので、長年にわたって同じ回線を使用し続けている場合は、ADSLかどうか、一度契約内容を確認してみましょう。

モバイルルーター(ポケットWi-Fi)

持ち運びが可能な無線ルーターを利用したインターネット回線です。工事の必要がなく、気軽にインターネットを始めることができます。外出先でもインターネットを使いたい人におすすめの回線です。

接続機器の規格によって、速度は大きく変わる可能性がありますが、最大通信速度は2Gbpsから4Gbpsで、実測値の平均は30Mbps程度。

「気軽に始められる」という意味で似た回線に、コンセントに接続するだけでWi-Fiが使えるようになるホームルーターもあります。最大通信速度、平均速度は、モバイルルーターとほぼ同じです。

回線速度を調べる方法とプロバイダごとの目安の確認方法

回線速度を調べる方法とプロバイダごとの目安の確認方法

ここからは、回線の速度をチェックする方法を解説していきます。また、回線事業者・プロバイダごとの速度目安を確認する方法も紹介してみましょう。

Webサイトで簡単にチェック

自分が使っている回線の通信速度を、ボタンを押すだけで簡単に測定できるサイトが複数あります。例を紹介してみましょう。

【USEN GATE 02】
サイトにアクセスして「測定開始ボタン」をクリックするだけで速度を測定。用途別回線スピードの判定結果が表示されます。

【speedtest.com】
サイトにアクセスして「GO」ボタンをクリックすると、測定スタート。接続するサーバーを変更できる点も、このサイトの特長です。

【Fast.com】
サイトにアクセスするだけで自動的に測定開始。「詳細表示」ボタンをクリックすると、詳しい情報を確認できます。

これらのサイトで現在自分が使っている回線の速度を測定し、その数値を前述した回線種類別の平均速度と比較してみましょう。

光回線なら200Mbps。ケーブルテレビ(CATV)なら100Mbps。これらの数値と比較して、自身の利用している回線の実測値は大きいでしょうか、小さいでしょうか。それによって利用中の回線が速いか遅いかを判別することができます。

ただし、接続する時間帯やタイミングによって、測定値にはどうしてもばらつきが出ます。その理由は、時間ごとにインターネットを利用する人数が変化するため、通信速度も変わるから。混雑しているタイミングで測定すると遅くなるため、チェックの正確性を高めるためには、複数回実施し、平均値を取ることが重要です。

回線事業者・プロバイダごとの目安は、口コミサイトを利用する

回線事業者・プロバイダごとの目安は、口コミサイトを利用する

回線の種類だけではなく、回線を提供する事業者やプロバイダによっても速度は異なります。それは同じ光回線でも同じです。

自身が利用している回線事業者・プロバイダは、他社と比較して速いのか、遅いのか、気になるところ。しかし、自分が利用している回線の速度については先ほど紹介したサイトで測定できますが、他社は無理なので比べようがありません。ではどうするか。口コミサイトを利用するのです。

例えばインターネット回線に関する口コミを閲覧できる代表的なサイトの一つに挙げられるのが「みんなのネット回線速度」、通称「みんそく」。

こちらのサイトでは、たくさんの人がプロバイダ名と実測値、測定した地域などを記載しています。自身と同じプロバイダや、近い地域の人の口コミを読み、自身の実測値と比較することで、より快適なインターネットライフを実現するためのヒントが見えてくるでしょう。

同じプロバイダなのに、口コミサイトに書き込まれている速度よりも自身の速度が遅い場合は、「ブロードバンドルーターが古い」「パソコンのOSが最新のものになっていない」「古い規格のLANケーブルを利用している」など、環境に問題があるのかもしれません。

また、自身の実測値と、口コミサイトに書かれている実測値、ともに求める回線速度に到達していないようであれば、回線そのものが自身の使い方に合っていないということになります。回線の乗りかえを検討することもおすすめです。

最大通信速度10Gbpsのコミュファ光で快適なインターネット生活を!

回線の乗りかえ先としておすすめなのが、中部テレコミュニケーション(ctc)の光インターネットサービス「コミュファ光」です。コミュファ光は、回線とプロバイダを一本化したサービスで、最大10Gbpsの高速インターネット回線を提供しています。

独自回線なので混雑も起こりづらく、動画視聴やゲーム、音楽ストリーミング視聴などの利用も快適です。

事実、先ほど紹介した口コミサイト「みんそく」においてコミュファ光は「光回線の通信速度ランキング」で51の回線事業者・プロバイダの中で1位を獲得しています(2022年7月1日現在現在)。

「みんそく」によると「直近3ヶ月に計測された4139件のコミュファ光の測定結果から平均値を計算」とのことなので、信頼度の高いランキングといえるでしょう。

また、コミュファ光は、セキュリティ対策として「ウイルスバスター クラウド 月額版」を標準提供(30メガメニューは除く)しているほか、お客さまのインターネットやパソコン周りの困りごとを一括サポートする「安心サポートPlus」など、安心・安全にネットライフを送るためのオプションも充実しています。

さらに、他社から乗りかえする際の契約解除料と撤去工事費を全額還元する「光乗りかえキャンペーン」も実施中。「現在の回線速度に満足していないけど、乗りかえ時に必要となる費用に不安を感じている」という方も、コミュファ光なら安心しておトクに高速回線に乗りかえることができます。

※2022年7月1日時点の情報です。詳しいキャンペーン内容・提供エリアについては、コミュファ光のホームページやパンフレット等でご確認ください。

まとめ

今回の記事では、回線速度の目安に関する基礎知識と、チェックするための具体的な方法を解説しました。

ポイントは、カタログに記載されている最大通信速度だけを見て比べるのではなく、実測値を基に比較をすること。回線速度の測定サイトや口コミサイトを活用することで、自身の使い方に最適な回線を調べることができます。

高速インターネット回線を提供しているコミュファ光なら、WebサイトやSNSの閲覧はもちろん、高画質動画の視聴・投稿、オンラインゲームなどの用途においてもストレスなく、快適に楽しむことができるでしょう。

しかもコミュファ光はセキュリティ対策やお客さまサポートも充実しているほか、おトクなキャンペーンも実施中。この機会に乗りかえを検討してみてはいかがでしょうか。回線速度についてお悩みなら、まずは公式ホームページからお気軽にご相談ください。

46_main

この記事を友達にシェアする

現在利用している回線は速い?遅い?回線種類ごとの目安に加え、プロバイダごとの目安もチェック

2022年7月14日

お電話でのご相談・お問い合わせ

新規お申し込み・ご相談のお客さま

問い合わせ電話0120816538
問い合わせ電話0120816538

コミュファ光をご利用中のお客さま

問い合わせ電話0120218919
問い合わせ電話0120218919

問い合わせ電話 ガイダンス説明