光回線終端装置(ONU)とは?その役割やホームゲートウェイなど関連機器についても解説

光回線を使ってインターネットへ接続する際に、必要不可欠な機器のひとつが光回線終端装置(ONU)です。あまり聞き慣れない光回線終端装置(ONU)とは、そもそも何なのでしょうか。モデムやブロードバンドルーター、ホームゲートウェイなどの機器と、見た目も似ているため混同されがちですが、それぞれ役割が違います。

この記事では、光回線終端装置(ONU)とはどのようなもので、どのような機能があるのか、ほかの機器との違いなども、わかりやすく解説していきます。

光回線終端装置(ONU)とは?

光回線終端装置(ONU)は、光信号とデジタル信号を相互に変換してインターネットを使えるようにするための装置です。英語名の「Optical NetWork Unit」を略したONU(オー・エヌ・ユー)とも呼ばれ、通信機器を接続するための光回線専用の差込口「光コンセント」と、パソコンやスマートフォンなどのデバイスとの間に設置して使用します。

光コンセントにつないだ光回線終端装置(ONU)は、光信号を受け取り、受け取った光信号をデジタル信号へ変換する役割を果たしているのですが、では、なぜ光信号をデジタル信号へ変える必要があるのでしょう?
それは、光信号のままではデバイスをインターネットにつなぐことができないからです。

そもそもパソコンやスマートフォンなどはデジタル信号でデータを送受信しています。一方、光回線でインターネットに接続するためには、回線の中を通る光信号をパソコンなどで認識できるようにデジタル信号に変換する必要があるのです。また、光回線を使ってパソコンからデータを送るためには、逆にデジタル信号を光信号に変換しなければなりません。そこで、双方向の異なる2つの信号、光信号とデジタル信号を相互に変換する役割を果たすことになるのが、光回線終端装置(ONU)というわけです。

光回線終端装置(ONU)とモデムの違いは何?

光回線終端装置(ONU)もモデムも、異なる信号を相互変換するという役割自体は共通していますが、変換する信号や使用する回線の種類が大きく異なるのです。

前述したとおり、光回線終端装置(ONU)は光回線で使われ、光信号とデジタル信号を相互に変換するのに対し、モデムはADSL回線やケーブル回線(CATV)などのアナログ回線で使われ、アナログ信号とデジタル信号を相互変換します。

デジタル信号によって通信を行っているパソコンやスマートフォンなどを、インターネットに接続するためには、異なる信号に変換する光回線終端装置(ONU)やモデムは欠かせない存在というわけです。

ただ、モデムは光回線が登場する以前のADSL回線が広く普及していた時代に使われていました。最大通信速度が約50Mbpsで、光回線と比べると通信速度が大きく落ちてしまうだけでなく、現在では、新規の申し込み受付を終了している事業者も多く、2024年3月末には廃止されることが決まっています。
近年はADSL回線より高速で安定性の高い光回線が主流となっていますので、必然的にモデムの代わりに光回線終端装置(ONU)がよく使われるようになりました。

光回線終端装置(ONU)とブロードバンドルーターの違いは何?

光回線終端装置(ONU)が信号の変換装置であるのに対して、ブロードバンドルーターは、パソコンやスマートフォンなど複数のデバイスをインターネットに同時接続するための装置です。どちらもインターネットを使ううえで必要ですが、それぞれの役割はまったく異なります。

光回線終端装置(ONU)だけでも、パソコンなどをインターネットにつなぐことはできますが、接続できるデバイスは基本的に1台のみ。パソコンやスマートフォン、タブレット端末、ゲーム機、スマート家電など、2台以上のデバイスでインターネットへ接続するには、ブロードバンドルーターが必要になります。

ただ、ブロードバンドルーター単体では、光回線の光信号をデジタル信号に変換することはできないので、光回線終端装置(ONU)とブロードバンドルーターを一緒に使わなければなりません。
まず、光回線につないだ光回線終端装置(ONU)にブロードバンドルーターを接続し、次にそのブロードバンドルーターにパソコンやスマートフォンなどを接続することで、同時に複数のデバイスでインターネットを使うことができるようになるという訳です。

また、ブロードバンドルーターには、LANケーブルを使った有線接続のものと、無線LAN(Wi-Fi)でも接続できる無線ルーターの2種類があり、現在、主流になっている無線ルーターはLANケーブルが不要なため、ケーブルの配線を気にすることなく端末を使うことができます。

光回線終端装置(ONU)とホームゲートウェイの違いは何?

ホームゲートウェイは、信号を変換する光回線終端装置(ONU)や、複数のデバイスを接続するブロードバンドルーターなど、さまざまな機能が一体になった装置のことです。

中には、光電話の機能が備わっているものがあり、光回線を使用して通話料金を安く抑えられる固定電話サービスが利用できます。

また、無線LAN(Wi-Fi)機能を内蔵し、無線ルーターの役割を果たしてくれるものや、1台で光回線の接続から、ブロードバンドルーター、光電話、無線LAN(Wi-Fi)など、複数の機能がすべてまかなえるタイプもあります。

こうしたホームゲートウェイがあれば、光回線終端装置(ONU)やブロードバンドルーターを別途購入したり、レンタルしたりする必要はありません。機器ごとに接続設定する手間もかからず、設置場所も1台分で済むため、見ためもスッキリと省スペース化が図れます。

コミュファ光では、最新のホームゲートウェイを提供

コミュファ光をご契約のお客さまに、最新の無線LAN規格「Wi-Fi6」に対応したホームゲートウェイを標準提供しています。市販の無線ルーターを購入したり、レンタルしたりする必要もなく、高速で快適にインターネット接続することが可能です。また、古いホームゲートウェイを使われているお客さまには、新しいタイプのものとの交換にも対応しています。
※ご利用にはWi-Fi6対応の機器が必要です。
※Wi-Fi6対応は10ギガメニューに限ります。

回線が不安定なときの対処方法

【端末の設定を確認】
まずパソコンやスマートフォン、タブレット端末などの無線LAN機能が「OFF」になっていないか確認しましょう。「OFF」になっている場合は、「ON」に切り替えてください。「ON」になっている場合は、一度「OFF」にして、再度「ON」にすることで回線状況が改善することがあります。

【不要な電波を排除】
ほかの電波が干渉することによって回線が不安定になることがあります。以前にご契約されていたインターネット回線の無線機器が残っている場合は、それらを取り外してください。

【ホームゲートウェイの設置場所を確認】
ホームゲートウェイの設置場所にも注意が必要です。
壁やドアなど、遮蔽物によって電波が途絶えてしまうことがありますので、壁やドアなどから距離をとった場所に置くとよいでしょう。

ホームゲートウェイの周囲に同じ周波数帯域の電波を発する機器があると、通信が不安定になることがあります。このため、コードレス電話機や電子レンジから1m以上離して設置してください。

ホームゲートウェイを再起動する方法

上記の方法を試しても改善しないときは、ホームゲートウェイの再起動もお試しください。

【再起動方法】※コミュファ光提供のホームゲートウェイの場合
①ホームゲートウェイ裏面のACアダプタをいったん抜き、電源を切ります。
②電源を切った状態で、10秒ほど待ちましょう。
③再度ACアダプタを差して電源を入れ、再起動。
④起動するまで2〜3分待ちます。
⑤ホームゲートウェイの側面にある「POWER」「ステータス」「光電話」のランプが正常に点灯していればOKです。

コミュファ光が提供しているホームゲートウェイは、電源が「ON」のとき、周囲の無線LANの通信状態をチェックして、電波状態のよいチャネル(電波の通る道)を自動選択します。このため再起動することで、電波干渉を回避することができ、一時的な不具合の解消や回線速度が向上する可能性があるので試してください。

なかには、パソコン側に原因がある場合もあります。パソコンで無線LAN(Wi-Fi)を使っている場合は、パソコンの再起動も行ってみるとよいでしょう。再起動することで、接続情報が更新され、回線の不具合が改善することもあります。

ホームゲートウェイとパソコンをLANケーブルで接続している際は、きちんとLANポートに差し込まれているかもご確認ください。

光回線を使うならコミュファ光がおトクでおすすめ!

光回線を検討されている、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県にお住まいのお客さまへは、コミュファ光がおすすめです。

コミュファ光は、中部テレコミュニケーション(ctc)の光インターネット回線サービスで回線速度上り・下りともに最大10Gbpsの高速インターネット接続が可能なので、動画や音楽配信サービス、オンラインゲームなどのブロードバンドコンテンツをスムーズにお楽しみいただけます。
ご契約の際、最新の無線LAN規格「Wi-Fi6」に対応したホームゲートウェイ(10ギガメニューのみ)を標準でご提供。追加料金なしで最大2.4Gbpsの高速無線LANをお使いいただけ、無線ルーターを用意する必要もありません。さらに、光回線に接続して電源を入れるだけでアカウントやパスワードなどの情報が自動的にダウンロードされ、簡単にインターネット接続できるのでおすすめです。

コミュファ光と、auまたはUQ mobileのスマートフォンをご一緒にお使いいただくと、月々のスマートフォンの利用料金に永年割引が適用されるサービスがあります。割引額は料金プランによって異なりますが、auは月々550〜1,100円、UQ mobileは月々638〜858円程度です。最大10回線まで割引が適用できるので、個人だけでなく家族みんなの利用料金を抑えることが可能。離れて暮らすご家族でも、条件をクリアすると割引を受けられる、とてもおトクなサービスです。

コミュファ光のサービスについては、こちらから詳細をご確認いただけます。 コミュファ光とauのセット割引サービス「auスマートバリュー」の詳細については、こちらから。コミュファ光とUQ mobileのセット割引サービス「自宅セット割」の詳細については、こちらをご確認ください。

※本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実際の使用における一定の通信速度を保証するものではありません。また、お客さまのご使用機器、設定状況、LAN環境などにより、通信速度は異なります。
※提供エリアについては、コミュファ光ホームページをご確認ください。
※ご利用にはWi-Fi6対応の機器が必要です。

まとめ

光回線終端装置(ONU)は、光回線でのインターネット接続のために、光信号をデジタル信号に相互変換する装置です。光回線終端装置(ONU)とモデムは、光回線用かアナログ電話回線用かの違いで、どちらも異なる信号を相互変換することができます。ブロードバンドルーターは、複数の端末でインターネットを使うことを可能とし、ホームゲートウェイは、光回線終端装置(ONU)とブロードバンドルーターなどが一体となった装置で、いずれもインターネット接続には欠かせません。

コミュファ光では、無線LAN機能を備えたホームゲートウェイを標準提供しています。設置する際には、障害物や電磁波を発する機器の近くに置くことを避け、回線が不安定なときには、ホームゲートウェイの電源を入れ直して再起動してみましょう。
コミュファ光の高速で安定した光回線で、快適なインターネットライフをお楽しみください。

記事の内容は記事公開日時点の情報です。サービスやキャンペーン内容が変更になっている場合がございますので最新の情報をご確認ください。

45_main

この記事を友達にシェアする

光回線終端装置(ONU)とは?その役割やホームゲートウェイなど関連機器についても解説

2022年7月14日