IPv6の確認方法は?IPv6に接続できないときの対処法も解説

光回線サービスを検討する際に、「IPv6」(アイピーブイシックス)という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。しかしそもそもIPv6とはどういったものなのか、今自分が使っている回線がIPv6なのかどうか、またその確認方法を知らない方も多いはずです。

この記事では、IPv6が生まれた背景や概要、メリットについて解説した上で、IPv6接続の確認方法や接続できないときの対処方法を詳しくご説明します。

そもそもIPv6って何?IPv4、IPv4 over IPv6と何が違う?

IPv6の接続方法などを確認する前にそもそもIPv6とは何なのか、また、従来のIPv4との違いなどについて理解を深めておいたほうが良いでしょう。

IPv6とは?

IPv6は「Internet Protocol Version 6」の略で、インターネット上で通信する際の手順(プロトコル)を定めた規格です。インターネット上の住所にあたる「IPアドレス」を、128ビットのデータで表すことで、合計約340澗(かん)個(1澗は10の36乗)という膨大な数のIPアドレスを管理することができるというもの。実用上は無限とも言えるIPアドレス数を端末に割り振ることができるようになるので、端末ごとに逐一IPアドレスを設定する手間が不要になります。これによりインターネットへの接続が簡単になり、端末同士でのデータ送受信もできるようになるのです。

IPv4とは?

IPv4は、IPv6が登場する以前の通信規格です。IPv6は128ビットデータで約340澗個のIPアドレスを管理できますが、IPv4は32ビットデータで、合計約43億個のIPアドレスしか管理できません。43億個と聞くと一見多そうに感じますが、世界の人口が約77億人(2020年時点)のため、1人に1端末分のIPアドレスを割り当てることができないということになります。インターネットの世界的普及により、利用できるIPアドレスが枯渇してきたため、この問題を解消する新しい通信規格が求められ、そして誕生したのがIPv6です。

IPv4 over IPv6とは?

IPv4に続き新規格IPv6が登場したことにより、現在両規格が混在する状態です。IPv4のみに対応しているサイトの場合、IPv6ではアクセスできないことがあります。そのような事態を避けることができるのが「IPv4 over IPv6」という技術です。これを使用することでIPv4とIPv6の両方で通信できるようになり、現在のような移行期間では特に必要な技術だといえるでしょう。IPv4 over IPv6は、「v6プラス」や「IPv6オプション」などと呼ばれることもあります。

PPPoEとIPoEの違いとは?

インターネットの通信方式には、「PPPoE」と「IPoE」の2種類の方式があります。PPPoEは「Point-to-Point Protocol over Ethernet」の略で、その歴史は古く電話回線を用いたダイヤルアップでインターネット接続していた時代から用いられている方式です。従来使用されてきた「PPP」(Point-to-Point Protocol)方式を、LANの規格であるイーサネット(Ethernet)上で使用できるようにした技術で、旧規格のIPv4ではこのPPPoEを採用。PPPoEで接続するためには、ブロードバンドルーター・アダプタなどの通信機器を用意する必要があります。また、PPPoEによる接続は、これらの機器を必ず通過するため「トンネル方式」とも呼ばれることがあります。

IPoEは「IP over Ethernet」の略で、PPPoEよりも新しい方式です。PPPoEとは違いイーサネット上でのIPを使った通信を前提としています。ブロードバンドルーター・アダプタなどの機器がなくても直接通信できるため、それら機器が混雑して通信が遅くなるということがありません。IPv6は、PPPoEとIPoEの両方式に対応しています。これにより、PPPoEの回線が混雑している場合はそれを避け、より高速な回線に切り替えて通信することができるのです。IPoEは直接通信ができるため「ネイティブ方式」とも呼ばれることがあります。

IPv6に接続できているか確認する方法

現在使用中のインターネット接続環境でIPv6に接続できているかどうかを確認するには、専用の確認ツールや確認サイトを使う方法と、パソコンの設定画面などで確認する方法があります。具体的な確認方法を見ていきましょう。

IPv6の接続確認を行う

最も簡単な確認方法は、IPv6接続が確認できるサイトで状況を確認してみることです。コミュファ光のホームページに接続して、表示されたページの一番右下部分に「IPv6対応 via IPv6」のオレンジ色のアイコンが表示されていればIPv6で接続中です。また、「IPv6対応 via IPv4」の青色のアイコンが表示される場合は、IPv4でアクセスしていることを表します。

パソコンの設定を確認する

インターネットに接続しているパソコンがあれば、そのパソコンの設定画面(コントロールパネルやシステム環境)から、IPv6に接続しているかどうかを確認することができます。

【Windows(Windows 10)の場合】
・Windowsの検索フォームで「コントロールパネル」を検索
・コントロールパネルをクリックして開く
・コントロールパネル内の「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリック
・「アクティブなネットワークの表示」内の「接続:○○○○(パソコンによって表示が異なります)」をクリック
・「イーサネットの状態」内の「詳細」をクリック
・「ネットワーク接続の詳細」内をスクロールし、「IPv6アドレス」および「IPv6デフォルトゲートウェイ」になんらかの値(IPアドレス)が表示されていればIPv6で接続されています。

【Mac OSの場合】
・初期画面左上のリンゴマークをクリック
・「システム環境」をクリック
・システム環境内の「ネットワーク」をクリック
・ネットワーク内の右下「詳細」をクリック
・ネットワーク詳細内に、「IPv6アドレス」が表示されていれば、IPv6で接続されています。

IPv6に接続できないときの対処法

IPv6で接続することでインターネットへのアクセスを高速化することが可能です。しかしIPv6で接続するためには、さまざまな条件を整える必要があります。IPv6に接続できない原因には、光回線・プロバイダやブロードバンドルーターがIPv6に対応していない、またはパソコンなどの接続設定ができていないことが考えられるでしょう。その他閲覧するサイトがIPv6に対応していないことも考えられます。確認方法、対処方法は以下の通りです。

光回線・プロバイダがIPv6に対応していないとき

IPv6に接続できない原因の1つが、光回線やプロバイダがIPv6に対応していない場合です。対応しているかどうかは対象の光回線やプロバイダの公式サイトなどで確認することができます。公式サイトで確認できないときは、サポートセンターに問い合わせてみてください。

対応していないときは、IPv6接続することはできませんので、契約前なら他の光回線やプロバイダを検討しましょう。契約中の光回線やプロバイダが対応していない場合は、他社への乗り換えを検討することをおすすめします。なお、インターネット接続サービス「コミュファ光」はPPPoE方式を採用。IPv6に対応しており、快適な接続環境を提供しています。

ブロードバンドルーターがIPv6に対応していないとき

光回線やプロバイダがIPv6に対応していても、使用するブロードバンドルーターが対応していなければIPv6での接続はできません。使用中または購入予定のブロードバンドルーターがIPv6に対応しているかどうかは、取扱説明書や製品サイトなどで確認することができます。取扱説明書などでも分からないときは、サポートセンターへ確認してみましょう。対象のブロードバンドルーターが対応していない場合は、他の機種の購入または買い替えを検討する必要があります。光回線・プロバイダがブロードバンドルーターをレンタルしている場合もありますので、契約しているプロバイダでのレンタル費用を確認し、購入価格と比較してからレンタルにするか購入するかを判断してもよいでしょう。中には無料でレンタルしているプロバイダもあります。

IPv6の接続設定ができていないとき

光回線・プロバイダやブロードバンドルーターがIPv6に対応していても、パソコンやブロードバンドルーターの設定が正しくしなければIPv6接続できません。パソコンの設定方法は次のようになります。

【Windowsパソコン(Windows 10)の場合】
・Windowsの検索フォームで「コントロールパネル」を検索
・コントロールパネルをクリックして開く
・コントロールパネル内の「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリック
・「アクティブなネットワークの表示」内の「接続:○○○○(パソコンによって表示が違う)」をクリック
・「イーサネットの状態」内の「プロパティ」をクリック
・「イーサネットのプロパティ」内の「インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)」にチェックを入れてOKをクリック

【Mac OSの場合】
・初期画面左上のリンゴマークをクリック
・「システム環境」をクリック
・システム環境内の「ネットワーク」をクリック
・ネットワーク内の右下「詳細」をクリック
・ネットワーク詳細内の「TCP/IP」タグをクリック
・TCP/IP内の「IPv6の設定」のプルダウンメニューで「自動」を選択しOKをクリック

ブロードバンドルーターの設定方法は機種によって異なりますので、対象機種の取扱説明書などで確認しましょう。

IPv6接続状況をすぐに確認したいときは、上記でもご紹介したこちらのコミュファ光のサイトで簡単に確認することができます。

閲覧するサイトがIPv6に対応していないとき

現在はIPv4からIPv6への移行期間にあたるため、IPv6に対応しているサイトと対応していないサイトが混在している状態です。GoogleやYouTube、Facebook、Instagramなどの大手サイトはすでに対応済ですが、その他の大手サイトでは未対応のところも存在します。しかし、将来的にはさらに対応サイトが増えていることが見込まれるでしょう。IPv6ではIPv6未対応のサイトへの接続ができません。しかし、先にご紹介したIPv4 over IPv6技術を活用することで、IPv6でも接続できるようになります。ただしその際、技術上の問題で速度が遅くなることがあるので、その点だけ注意しておきましょう。

IPv6対応の光回線ならコミュファ光!

最新の通信規格IPv6で接続することで、ホームページや動画、画像などさまざまなインターネット上のコンテンツを快適に利用することができるようになります。コミュファ光の光回線は、もちろんIPv6に対応。高速で快適なインターネット接続環境を提供しています。

プロバイダ一体型はもちろん、お客さまがプロバイダを選べるプロバイダ選択でも、プロバイダが対応していればIPv6接続が可能です。コミュファ光でのIPv6対応状況はこちらからご確認いただけます。

加えて、コミュファ光の高速インターネット回線「10Gホーム EX」は東海地方最速。RBB SPEED AWARD2021において、Wi-Fi速度の部「東海」地方で最優秀を受賞しました。独自回線を使用しており、常に接続状態を監視しているので、時間帯による混雑などの発生も抑えられています。

東海最速の10Gホーム EXは月額3,980円(1Gホームは月額2,980円)。初期費用、回線工事費無料のキャンペーンも実施していますので、高速で快適なインターネット回線を手軽に始めることができます。

コミュファ光の光回線の詳細は、こちらからご覧ください。

※提供エリアについては、コミュファ光ホームページをご確認ください。

まとめ

インターネットの世界的普及によるIPアドレスの枯渇問題を解決するために誕生した通信規格のIPv6。IPv6の登場によって、128ビット長のデータで膨大なIPアドレス空間を管理することができるようになりました。IPv6の登場により、端末ごとに逐一IPアドレスを設定する必要がなくなることでインターネットへの接続が簡単になったり、端末同士でのデータ送受信もできるようになります。

IPv6でインターネット接続するには、光回線・プロバイダや使用するブロードバンドルーターがIPv6に対応していることが必要条件です。また、プロバイダやブロードバンドルーターが対応していても、パソコンやブロードバンドルーターの設定によっては使えなくなっているときもあります。それらの状態を確認し必要な場合には設定を変更しましょう。

コミュファ光はもちろんIPv6対応。IPv6対応の光回線・プロバイダをお探しなら、東海地方最速の称号を持つコミュファ光をぜひご検討ください。

44_main

この記事を友達にシェアする

IPv6の確認方法は?IPv6に接続できないときの対処法も解説

2022年7月4日

お電話でのご相談・お問い合わせ

新規お申し込み・ご相談のお客さま

問い合わせ電話0120816538
問い合わせ電話0120816538

コミュファ光をご利用中のお客さま

問い合わせ電話0120218919
問い合わせ電話0120218919

問い合わせ電話 ガイダンス説明