IPアドレスとはどのような役割がある?分類による違いやIPアドレスの調べ方などをわかりやすく解説

パソコンやネットワーク機器の設定をしているときなど、しばしば登場するのが「IPアドレス」という言葉。時折目にはしていても、詳しく説明できないという方も多いのではないでしょうか。

一口にIPアドレスといっても、使用場面によって種類はさまざまです。

この記事では、IPアドレスとはどのようなもので、どのような役割があるのかを、わかりやすく解説していきます。

IPアドレスとは?

IPアドレスは、ネットワーク上の機器を識別するために割り当てられる数字の文字列のことです。例えば「192.168.111.111」といった番号を見たことはないでしょうか。

IPアドレスは、いわば住所や電話番号のようなものです。データの送信元や送信先を特定するのに使われます。

IPアドレスは、形式に応じてIPv4とIPv6という種類が存在します。そこからグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス、さらに動的IPアドレスと固定IPアドレスに分類されます。


【IPアドレスの分類】

IPv4

グローバルIPアドレス

動的IPアドレス

固定IPアドレス

プライベートIPアドレス

動的IPアドレス

固定IPアドレス

IPv6

グローバルIPアドレス

動的IPアドレス

固定IPアドレス

プライベートIPアドレス

動的IPアドレス

固定IPアドレス


IPv4とIPv6

IPアドレスは、まずIPv4とIPv6の2つの形式に分けられます。

IPv4では、0から255までの数字を4組つなぎ、一つのアドレスを作成する形式です。IPv4は従来の方式で、合計43億通りのアドレスを作ることができます。しかし、これは世界的に見ると十分な数ではなく、インターネット使用人口の増加にともない、現在では数が不足している状況です。

IPv4に代わり登場したのが、IPv6という形式です。IPv6は、4桁の英数字を8組の数字で表現します。それにより43億の4乗通りのアドレスを作成でき、実質的に無限に近いといえるでしょう。

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス

IPアドレスは「そのアドレスが使用されるネットワークの範囲」によって、グローバルIPアドレス・プライベートIPアドレスの2種に分類できます。この2つの違いを見てみましょう。

グローバルIPアドレス

グローバルIPアドレスは、インターネットにアクセスする際に使用されるIPアドレスです。インターネット内に同じものがあるとデータの送受信に支障をきたすため、同じグローバルIPアドレスは世界中に一つとして存在しません。

IPアドレスの割り振りはプロバイダなどが管理しており、自由に番号を設定することはできません。

プライベートIPアドレス

プライベートIPアドレスは、家庭や会社内など、閉鎖されたローカルネットワークのなかで使用するIPアドレスです。

グローバルIPアドレスとは違い、個人で好きな番号を割り振ることができます。同じネットワークのなかでの重複は許されませんが、別のネットワークの番号となら重複しても問題ありません。

なお、プライベートIPアドレスを、インターネット接続の際に使用することはできません。インターネットにつなぐ際は、ブロードバンドルーターなどが、自動的にプライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを変換して接続を行っています。

動的IPアドレスと固定IPアドレス

IPアドレスは、動的IPアドレス・固定IPアドレスという形でも分類できます。動的IPアドレスは、接続のたびに変化し、固定IPアドレスは基本的に変化しない、という特徴があります。 では、グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス、それぞれの場合の動的IPアドレスと固定IPアドレスを見てみましょう。

グローバルIPアドレスの場合

グローバルIPアドレスの場合、動的IPアドレスは、インターネットにつなぐたびにプロバイダが異なる番号を割り当てるIPアドレスです。

通常のインターネット契約では、動的IPアドレスを使用することが多いものです。インターネットで動画を視聴したり検索をしたりするような一般的な使い方であれば、動的IPアドレスで事足ります。

一方、固定IPアドレスは、その名のとおり何度インターネットに接続しても変わらないIPアドレスです。使用には、プロバイダに別途オプション料金を払う必要があり、動的IPアドレスを使うときより料金がかかります。

例えば、リモートワーク中に自宅のパソコンから会社のサーバーと通信したいときなどに、固定IPアドレスが必要となることがあります。

プライベートIPアドレスの場合

ローカルネットワーク内では、ブロードバンドルーターなどの機器が、動的IPアドレスの割り振りを自動的に行います。

IPアドレスは機器が管理しているため、他で使用しているデバイスなどと重複することはありません。なお、ブロードバンドルーターなどの電源を入れ直したタイミングなどでIPアドレスが変わることがあります。

ローカルネットワーク内で固定IPアドレスを使いたいときは、好きな番号を決め、手動でIPアドレスを設定します。基本的に、一度IPアドレスを設定すれば、勝手に変わることはありません。ただし、ネットワーク内でIPアドレスが重複した際は、接続に失敗することもあるため注意が必要です。

通常、一般家庭のローカルネットワークでは、動的IPアドレスが主流でプリンターやサーバー、IoT家電など、接続する機器によっては固定IPアドレスを使用したほうが良いこともあります。

自分のIPアドレスの調べ方

自分のIPアドレスを調べたいときはどうすれば良いのでしょうか。パソコンを使用して調べる方法を紹介します。

プライベートIPアドレスの調べ方

【Windowsの場合】

①コマンドプロンプトを起動し、コマンド「ipconfig/all」と入力し、Enterを押します。

②ネットワーク情報が表示されますので、そのなかの「IPv4アドレス」の内容を確認します。

③「IPv4アドレス」に記載された「xxx.xxx.xx.xx」などの番号がプライベートIPアドレスです。


【macOSの場合】

①「システム環境」から「ネットワーク」を選択します。

②表示中のIPアドレスが、割り振られているプライベートIPアドレスです。

グローバルIPアドレスの調べ方

Windowsは、コマンドプロンプトからグローバルIPアドレスを確認できます。

①まずはコマンドプロンプトを起動します。タスクバー上にある検索ボックスに「cmd」と入力し、「コマンドプロンプト」をクリックさせ起動させます。

②「ping www.yahoo.co.jp」を入力します。

③「***.***.**.**からの応答」と表示されます。この「***.***.**.**」がグローバルIPアドレスです。

その他、アクセスするだけでグローバルIPアドレスを確認できるWebサイトもあります。

充実したインターネットサポートならコミュファ光

IPアドレスには多くの種類があり、状況によって適したものは異なります。周辺機器の初期設定をする際も、ネットワークの知識がなければ、最適な判断をするのは難しいでしょう。

こんなときのために、サポートの充実しているインターネットサービスを契約するのも選択肢の一つです。コミュファ光のオプションサービス「安心サポートPlus」では、インターネットやパソコン関連の困りごとを一括サポートしてくれます。

機器の設定から、Webサイトの使用方法まで、ちょっとしたことでも相談できるのがポイントです。電話だけでなく、お客さまの画面を共有しながらのオンライン対応も可能なため、うまく説明できるか不安な方も安心してご相談いただけます。

月額料金は通常880円ですが、キャンペーン中は24カ月間770円のおトクな料金でご使用いただけます。

安心サポートPlusの詳細についてはこちらからご確認いただけます。

※提供エリアについては、コミュファ光ホームページのこちらをご確認ください。

まとめ

IPアドレスは、アクセスするネットワークや接続方法に応じて種類が異なります。普段意識することは少ないですが、ネットワーク機器やIoT家電などの設定で、IPアドレスに関する知識が必要となることがあります。基本的な用語を理解しておくと便利です。

コミュファ光の「安心サポートPlus」は、充実したサポート内容にご好評をいただいています。機器の設定など、IPアドレスに関する知識が必要な際もお気軽にご相談ください。

IPアドレスとはどのような役割がある?分類による違いやIPアドレスの調べ方などをわかりやすく解説

この記事を友達にシェアする

IPアドレスとはどのような役割がある?分類による違いやIPアドレスの調べ方などをわかりやすく解説

2022年5月24日

お電話でのご相談・お問い合わせ

新規お申し込み・ご相談のお客さま

問い合わせ電話0120816538
問い合わせ電話0120816538

コミュファ光をご利用中のお客さま

問い合わせ電話0120218919
問い合わせ電話0120218919

問い合わせ電話 ガイダンス説明