Wi-Fiルーターとは?選び方や注目の機能について解説!

今ではすっかり身近な存在になった「Wi-Fi」は、有線とは違い、場所を気にせずに利用できるので、自宅だけでなく外出先でも活用されている方も多いのではないでしょうか。

Wi-Fiは、無線でインターネットに接続する、数ある通信規格の1つで、もっともメジャーな通信規格として普及しました。LANケーブルをパソコンなどに接続して使用する有線接続に比べ、Wi-Fiへの接続にはケーブルが必要ありません。
さらに、無線ルーターの技術革新は目覚ましく、最近ではWi-Fiの繋がりやすさを改善できる「ビームフォーミング」機能や、家中どこでも安定した通信が維持できる「メッシュWi-Fi」などの機能を持ったものも。

この記事では、Wi-Fiルーターの基礎知識から注目の最新機能、さらにWi-Fiルーターの選び方を詳しく解説します。

Wi-Fiルーターとは

Wi-Fiルーターがあれば、電波の届く範囲であればどこでもインターネットへの接続が可能です。
では、ご自宅にWi-Fiルーターを設置することで、一体どのようなことが実現できるのかを詳しく解説します。

Wi-Fiは無線LANの1つ

パソコン本体にLANケーブルを接続することでインターネットが利用できる「有線接続」に対し、ケーブルを接続せずとも、Wi-Fiルーターを介してインターネットを利用できるのが「無線接続」です。LANケーブルを使わずに無線で通信が行えるため、「無線LAN」と呼称されることもあります。
現在では非対応の機種を見かけることはほとんどありませんが、無線接続を利用するにはパソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末がWi-Fiに対応していることが条件です。

Wi-Fiは、無線でインターネットに接続するための通信規格の1つ。世界的に広く使われることで、国際的な標準規格として採用されるようになりました。Wi-Fiは「IEEE802.11○」(〇には規格ごとに異なるアルファベット文字が入る)と表記され、Wi-Fi機能を持った無線ルーターには、この規格名が記載されています。

Wi-Fiルーターを設置するとできる2つのこと

ご自宅にWi-Fiルーターを設置すると、インターネット接続の自由度がぐっと広がります。従来の有線接続ではLANケーブルの取り回しを気にしながら、どこにパソコンを置くか、どこでインターネットに接続するかを決めなければなりませんでした。それがWi-Fiルーターの登場で、飛躍的に自由にインターネットを利用することができるようになったのです。

【配線なしでネットワーク接続できる】
無線で接続が可能になると、リビングでも、自分の部屋でも、場所を選ばずにインターネットが楽しめます。さらに、Wi-Fiに対応した家電であれば、スマートフォンやタブレットなどのデバイスとの接続も可能です。例えば、手元のスマートフォンを使って外出先から洗濯機を回したり、電気を消したり…といった操作もできます。

【スマートフォンの通信量の節約ができる】
スマートフォンの通信契約は、基本的に通信量に上限のある場合がほとんどです。規定の通信量を使い切ってしまえば低速通信となり、日常使いにもストレスを感じる場合もあります。ですが、ご自宅にWi-Fiがあれば、その心配はありません。OSのアップデートやアプリのダウンロード、また長時間の動画再生などを行っても、Wi-Fiに接続した状態であれば、通信量としてはカウントされず、好きなだけインターネットを楽しむことができます。

Wi-Fiルーターの選び方

では次に、Wi-Fiルーターの選び方について見ていきましょう。家電量販店やインターネットでWi-Fiルーターを探そうにも、新旧さまざまな種類があり、価格も幅広く、ご家庭に合ったものを選びづらいかもしれません。
この章では、Wi-Fiルーターを選ぶ際にチェックしたいポイントを紹介します。

広さや部屋割りなどの居住空間で選ぶ

Wi-Fiルーターには、一人暮らし向けのワンルームに対応したものから、広いオフィスに対応したものまでさまざまな種類があります。

そこで、まず確かめていただきたいのは「居住空間の広さ」です。
ひとりでお住まいのワンルームで使用するのか、それとも二階建ての一軒家で使用するのか。それぞれの条件によって、選び方もさまざまです。基本的には間取りが広くなればなるほど電波の強度が必要になり、また価格もそれに応じて少し高価なものになります。

また、Wi-Fiルーターのスペックを見ると、対応可能な間取りや大まかな広さが確認できるので、チェックしてみましょう。安定した接続環境を作るには、使用する居住空間よりも少し広め、余裕のあるものを選ぶと安心。まずはお客さまの居住環境に合ったWi-Fiルーターを見つけることが重要です。

接続する機器の台数で選ぶ

間取りに合ったWi-Fiルーターを絞り込んだら、次は「接続台数」を確認してみましょう。Wi-Fiルーターには、それぞれ同時に接続できる台数が決められています。

最近では、スマートフォンやパソコン、プリンター、ゲーム機以外にも、洗濯機や冷蔵庫、テレビなど、Wi-Fi対応の家電が大幅に増えました。さらに家族で利用する場合、スマートフォンなどは、人数×台数となるので、接続台数は相当な数にのぼります。

Wi-Fiルーターのスペックを確認して、例えば同時最大接続台数が「10」と表示されていれば、同時にWi-Fiに接続できる端末台数は10台まで、ということです。
冷蔵庫やテレビもインターネットに接続したいのに接続できない、ということがないよう、最大接続台数においても、実際よりも多めのものを選んでおくと安心でしょう。

無線規格や通信速度で選ぶ

最後に、無線規格や通信速度の比較も重要です。規格に応じて最大通信速度も大きく変わります。

世代

規格名

周波数帯

最大通信速度

2

IEEE802.11b

2.4GHz

11Mbps

2

IEEE802.11a

5GHz

54Mbps

3

IEEE802.11g

2.4GHz

54Mbps

4

IEEE802.11n (Wi-Fi4)

2.4GHz/5GHz

600Mbps

5

IEEE802.11ac(Wi-Fi5)

5GHz

6.9Gbps

6

IEEE802.11ax(Wi-Fi6)

5GHz

9.6Gbps

では、どの規格のものを選べばよいのでしょうか。現時点では「IEEE802.11ax」が最新規格です。一般的には「Wi-Fi6」と呼ばれ、前代の「Wi-Fi5」と比較すると、通信速度に約1.4倍もの差があります。

続いて、最大通信速度はどうでしょう。
Wi-Fiルーターのスペックを確認すると、「○○Mbps」(メガ・ビーピーエス:Mega bit per second)などの記載があります。これは1秒間に通信可能なデータ量を記したもの。基本的に数字が大きければ大きいほど1秒間に通信できるデータ量は増える、つまり、動画やインターネット閲覧の際にもストレスなく見られることを意味します。

最近では、「○○Gbps」(ギガ・ビーピーエス:Giga bit per second)と書かれている商品もあり、これは「○○Mbps」と書かれた商品と単位を変換して記載されているので、例えば「最大1000Mbps」と「最大1Gbps」は同じ速度となります。

規格も最大通信速度も年々更新されているものなので、Wi-Fiルーターを購入する際はなるべく最新規格のもので、かつ最大通信速度の速いWi-Fiルーターを選んでおけば安心です。

Wi-Fiルーターで注目の機能とは?

ここまでは、Wi-Fiルーターの基本的な機能と選び方を紹介してきました。

続いては、お客さまにとってより快適なインターネット環境を構築するためにWi-Fiルーターに搭載されている機能「ビームフォーミング」「メッシュWi-Fi」について、紹介していきます。

特定の方向へ電波を飛ばす「ビームフォーミング」

Wi-Fiの電波は、通常、アンテナから同心円状に広がり360°すべての方向へ発信されています。

ですが、リビングなどご自宅の真ん中にWi-Fiルーターを設置できるご家庭はそう多くはないはず。そうすると、Wi-Fiルーターから離れた場所では少し電波が不安定になってしまうことがあります。こうした悩みを解決してくれるのが「ビームフォーミング」です。

例えばWi-Fiルーターを玄関に設置したとしましょう。玄関の少し先にある書斎には電波が届きにくい状況になります。このようなときにビームフォーミング機能を使えば、電波に指向性を持たせる、つまり特定の方向へ電波を飛ばすことが可能になり、これによって、書斎でもスムーズで快適な通信環境が築くことができるというわけです。

また、ビームフォーミング機能は、接続されている機器の方向を検知し、Wi-Fiを利用するのに最適な電波を選択する機能も備えているので、より安定した通信環境を保つことができます。

家中どこでも快適な通信を保つ「メッシュWi-Fi」

前述のとおり、Wi-Fiルーターは設置する場所によって電波の強弱が変わります。特に二階建ての戸建てのような広い居住空間や鉄筋コンクリート造りの集合住宅など、電波の届きにくい場所が出てくる可能性があり、どこにいても快適な通信環境を保つことはできない場合も。

こうした悩みをお持ちの方におすすめなのが「メッシュWi-Fi」です。メッシュ、つまり網の目のようにWi-Fiを張り巡らせる機能で、Wi-Fiルーターから遠い場所でも安定した通信が可能になります。

仕組みは、LANケーブルに接続した無線ルーターを親機(メインルーター)とし、少し離れた場所に子機(サテライトルーター)を設けることで、電波を広い範囲に安定して届けられるというものです。

設置する機器が増えてしまうデメリットこそありますが、例えば家族全員がWi-Fiに接続する場合でも、サテライトルーターにアクセスを分散することができ、動画もゲームもストレスなくお楽しみいただけます。

広い間取りで寝室や書斎、お風呂など、Wi-Fiが届きにくい場所がある方や家族みんながいろいろな通信機器に接続されるご家庭などは、ぜひ使っていただきたい機能の1つです。

高速・快適な光回線ならコミュファ光がおすすめ!

安定した通信環境のためには、適切なWi-Fiルーターを選ぶことはもちろん、どのようなプロバイダと契約するのかも、とても重要だといえるでしょう。

「コミュファ光」の通信は、東海地方で最速を誇る安定の回線です。その実力は、通信速度の実速度を評価する「RBB SPEED AWARD 2021」で、Wi-Fi速度の部 「東海」で最優秀を受賞したほど。

その速度の秘訣は、「独自回線」にあります。コミュファ光専用の回線を準備しており、混雑が起きそうな際は、予期して回線を増強。これにより、アクセスが集中する時間帯の混雑を緩和し、常時安定した通信環境を提供しています。

ここがおすすめ!ホームゲートウェイにWi-Fi6が標準装備

コミュファ光は回線とプロバイダを1つにして提供しており、用途に合わせて最大10Gbps/1Gbpsなどの高速回線からお選びいただけます。

ご契約の際には高速な通信規格に対応したブロードバンドルーター・回線終端装置(ONU)一体型のホームゲートウェイをご提供。なかでも、10ギガのメニューで契約されたお客さまには、最大2.4Gbpsもの高速通信を実現する通信規格「Wi-Fi6」に対応した無線ルーターを標準装備。これにより、契約後すぐに高速なWi-Fi環境を構築でき、お部屋のどこにいても安定した通信でインターネットをお楽しみいただけます。

ここがおすすめ!ビームフォーミング機能やメッシュWi-Fiにも対応!

さらに、ご契約の際にお届けするホームゲートウェイには嬉しい機能もあります。Wi-Fiに接続した機器の方向を自動で検知し、最適な電波を提供する「ビームフォーミング」もその1つ。ゲームや高画質の動画をストレスなく楽しむためには欠かせない機能です。

さらに、広い間取りや戸建て、鉄筋コンクリートの集合住宅でご利用のお客さまには、「コミュファ光メッシュWi-Fi」もオプションとしてご用意しています。月額880円で2台のメッシュWi-Fi機器をお届けし、必要に応じて1台あたり+440円/月で追加も可能です。前述のような住宅にお住まいの方はすぐにメリットを実感いただける機能なので、ぜひ合わせてご利用ください。

まとめ

スマートフォンなどの通信量を節約でき、さらに家中どこでもインターネットが楽しめるWi-Fi。近年では工事不要の5G対応ホームルーターも登場するなど、Wi-Fiルーターの意味合いもさらに多様なものになりつつあります。

Wi-Fiルーターを選ぶ際は、最新のWi-Fi6に対応した規格であることも注目ポイントですが、ご自身の環境や使用条件に合わせた回線を選んでいただくことが最も重要だといえるでしょう。

コミュファ光ではWi-Fi6に対応した「ホームゲートウェイ」や、オプションの「メッシュWi-Fi」など、お客さまのご要望に合わせて安定した通信環境が築けるメニューをご用意しています。ご興味のある方はコミュファ光をぜひご検討ください。

記事の内容は記事公開日時点の情報です。サービスやキャンペーン内容が変更になっている場合がございますので最新の情報をご確認ください。

34_main

この記事を友達にシェアする

Wi-Fiルーターとは?選び方や注目の機能について解説!

2022年7月8日