置くだけWi-Fiはどんな人におすすめ?メリット・デメリットや機種選びのポイントも解説

自宅でインターネットを使うなら、面倒な工事が不要で手軽にインターネット回線を使用できる、置くだけWi-Fiが便利です。しかし、用途などによっては不便に感じてしまう点があるため、注意する必要があります。

この記事では、置くだけWi-Fiのメリット・デメリットや機種選びのポイント、ポケットWi-Fiや光回線との違いについて解説します。

置くだけWi-Fiと光回線・ポケットWi-Fiの違い

置くだけWi-Fiは、モバイル回線を使用している据え置き型のホームルーターで、本体端末をコンセントに挿すことで、Wi-Fiを使用できる仕組みです。回線工事は不要で、サービスに申し込みをして端末を受け取れば、すぐに使用できます。

ただし、置くだけWi-Fiは使用中に通信速度が低下しやすく、速度制限があるというデメリットも存在します。

一方、光回線は、固定回線を使用しているため安定した高速通信が可能です。デメリットとしては、家の中へ回線を引き込むための工事が必要で、開通までに1~2カ月程度かかることや、置くだけWi-Fiと比較すると料金が高くなる傾向にあります。

ポケットWi-Fiは、置くだけWi-Fiと同様に回線工事が不要です。ポケット型のモバイルルーターで持ち運びには便利ですが、置くだけWi-Fiと比較すると通信速度や電波は安定していません。特に室内であれば、置くだけWi-Fiのほうがつながるケースがあります。

置くだけWi-Fiのメリット・デメリット

ここでは、置くだけWi-Fiのメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

置くだけWi-Fiのメリット

置くだけWi-Fiはモバイル回線を使用するため、光回線のような家へ引き込み工事をする必要がありません。開通までの待ち時間はなく、サービスに申し込み本体が届けば使用可能で、面倒な設定作業も不要です。コンセント用の電源ケーブルのみで複雑な配線がないため、部屋に置いたときにスッキリして見えるのもうれしい点でしょう。

また、引越しの際に面倒な手続きや設定作業が不要で、移動先で端末をコンセントに挿し込むだけで使用できるため、引越しの多い人にとっては利便性が高いといえます。ただし、使用先変更の申請が必要となるため、注意してください。

月額料金は、置くだけWi-Fiはおおよそ2,000円~4,000円、光回線はおおよそ4,000円~、ポケットWi-Fiはおおよそ3,800円となります。置くだけWi-Fiは、比較的安く使用できる手段といえるでしょう。

置くだけWi-Fiのデメリット

置くだけWi-Fiを使用するにはコンセントが必要で、本体サイズが大きいため、持ち運びや屋外での使用には不向きです。また、固定回線と比較すると、通信速度や電波の安定性が低いというデメリットもあります。

速度制限や通信制限もあるため、使用中に回線速度の低下が起き、遅延が生じることもあります。特に、地下や高層階、広い家、人数の多い家庭での使用といった環境では、電波がうまく届かなかったり、通信速度が低下したりする可能性が高まるでしょう。また、大容量通信は可能ですが、無制限に使用できない点には注意が必要です。

置くだけWi-Fiが向いている人はどんな人?

置くだけWi-Fiは、回線工事が面倒な人や転勤などで引越し回数の多い人、料金を少しでも安く抑えたい人、インターネットのライトユーザーで動画の視聴やオンラインゲームをあまりしない人に向いています。

高画質の映像や音楽、速度重視のオンラインゲームをメインに考えている人は、光回線が向いています。また、家でも外でも場所を問わずにインターネットをたくさん楽しみたい人にとっては、持ち運び可能なポケットWi-Fiのほうが利便性は高いでしょう。

置くだけWi-Fiを選ぶポイント

置くだけWi-Fiを選ぶ際、決め手となるポイントを4つご紹介します。

1.利用可能エリアの広さ

使用できる回線や使用できるエリアがキャリアごとに異なるため、あらかじめ自分のエリアのつながり具合を確認する必要があります。都市部では、ほとんどは問題なく使えますが、地方や地域によってはつながりが悪くなることもあるからです。

また、引越しの多い人は、使用可能エリアが広いキャリアを選択しておくと、移動先に左右されずに使えて便利でしょう。

2.利用料金の安さ

利用料金の安さを重視して選ぶ際には、実質料金を比較することが大切です。初期費用と月額料金に加えて、キャンペーンやキャッシュバックなどのサービスをチェックし、差し引いた年間の総支払額から判断しましょう。

3.通信速度

回線ごとの通信速度や安定性には差があります。コアタイム(18~23時)でもスムーズに使えるかなど、通信品質をチェックしておきましょう。特に、高画質で動画視聴をしたい、オンラインゲームを楽しみたいというときには、通信速度に加えて速度制限の確認も必要です。

4.スマホ割引やキャンペーンなど、各種割引制度も要チェック

使用しているスマートフォンのキャリアやサービスによっては割引が適用されて、月々の利用料金がおトクとなるケースがあります。単に月額料金を比較して安いものを選ぶよりも、契約期間内に支払う総額を安くできるケースがあるため、契約前に各種割引制度をしっかりとチェックしておきましょう。

より通信速度や安定性を求めるなら光回線の利用がおすすめ

自宅でインターネットを多く使用する人は、高速通信で安定した通信環境の光回線の使用がおすすめです。光回線は、回線を引くための工事費がかかってしまいますが、より快適なインターネット環境を得られ、時間帯による混雑を気にせず毎日楽しめます。

特に、高画質な動画視聴やオンラインゲームを楽しみたい人にとっては、通信速度が安定しない無線LAN回線ではなく、通信速度の速い光回線の導入は必須です。

光回線を選ぶ際は、通信速度だけでなく、回線ごとの実質的な料金や、対応エリアをチェックして総合的に判断し、最適なものに決めましょう。

コミュファ光で安定したインターネット環境を手に入れよう!

置くだけWi-Fiは、コンセントに挿すだけで使用できる手軽さがありますが、より快適性の高いインターネット環境を求めるなら、光回線の使用がおすすめです。

中部テレコミュニケーションの光インターネットサービス「コミュファ光」は、通信速度が最大10Gbpsとなります。高速でのインターネット接続が可能なため、ストレスフリーで使用できるのが大きなメリットです。

高画質の動画や映画、オンラインゲーム、音楽配信などのサービスを思う存分楽しめるでしょう。また、上りの通信速度も速いため、テレワーク時にデータ容量の重い資料をアップロードする際なども快適にご利用することができます。

さらに、おトクにVOD(Video On Demand)を楽しめたり、オンラインゲームに特化した最強の光回線を使用できたりと、生活を快適にするさまざまなオプションが充実しています。

一方、セキュリティ面の対策もしっかりしています。セキュリティ対策ソフトの提供や、メールのウイルスチェック、パソコンやタブレットなどの修理サポートも整っているため安心です。万が一トラブルを生じたときや、機器の使用中に出てきた不明点など、一人では解決できない問題があるときにリモートサポートを受けられる点も、うれしいポイントです。

また、光回線の工事期間にホームルーターをレンタルできる(レンタル不可となる場合もございます)ため、必要な際は事前に確認しておくとよいでしょう。

コミュファ光の詳細についてはこちらからご確認いただけます。

※本サービスはベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実際の使用における一定の通信速度を保証するものではありません。また、お客さまのご使用機器、設定状況、LAN環境などにより、通信速度は異なります。

※ウイルスバスター クラウド 月額版(1台版)を提供します(30メガメニューを除きます)。

※提供エリアについては、コミュファ光ホームページのこちらをご確認ください。

まとめ

インターネットへ接続するためのデバイスは、いつでも快適に使えて、できるだけ料金を安く抑えられるものを選びたいものです。手軽さが魅力の置くだけWi-Fiは、導入が簡単で光回線よりは安価である反面、光回線と比較すると通信速度が劣り、速度制限もあるため、デメリットは大きいといえます。

インターネットは、もはや生活の必需品ともいえるアイテムです。ストレスなく使用するために、自分が望むインターネット環境に合わせてしっかり比較検討し、最適なデバイスや機種を選びましょう。

置くだけWi-Fiはどんな人におすすめ?メリット・デメリットや機種選びのポイントも解説

この記事を友達にシェアする

置くだけWi-Fiはどんな人におすすめ?メリット・デメリットや機種選びのポイントも解説

2022年5月26日

お電話でのご相談・お問い合わせ

新規お申し込み・ご相談のお客さま

問い合わせ電話0120816538
問い合わせ電話0120816538

コミュファ光をご利用中のお客さま

問い合わせ電話0120218919
問い合わせ電話0120218919

問い合わせ電話 ガイダンス説明