光回線でもテレビが観られる!観るための方法やCATVとの違いは?

現在、光回線は高速のインターネット回線として主流になっています。その光回線を利用してテレビが観られることをご存知でしょうか?

光回線を利用したテレビ(光テレビ)は、一般的なテレビやCATV(ケーブルテレビ)と比べてメリットがたくさんあります。この記事では、光回線でテレビを観る方法やCATVとの違い。また、そのメリットや注意点まで詳しく見ていきましょう。

高画質で臨場感のある映像が楽しめる光テレビを生活に取り入れて、「おうち時間」をより充実させませんか。

光回線でテレビを観る方法

はじめに、光回線を利用してテレビを観る方法とその仕組みについて解説します。

光テレビとは、従来のアンテナを使ってテレビを観る方法とは異なり、光回線(光ファイバーケーブル)を利用した新しい方式のテレビを指し、数多くのチャンネルを視聴できるというのが特長です。

光テレビとはどんなものなのか、ここでおさえておきましょう。

光回線でテレビが観られる仕組み

光回線でテレビを視聴するには、自宅に引き入れた光ファイバーケーブルから映像用回線終端装置(V-ONU)とテレビを接続する必要があります。

映像用回線終端装置(V-ONU)とは、光ファイバーケーブルで送られてきた信号を映像用に変換する装置のことです。

この装置を使い、光ファイバーケーブルの信号をテレビに接続するためのRF(Radio Frequency:ラジオ・フリークエンシー)方式に切り替えることで、インターネットだけでなくテレビもあわせて観られるようになります。

RF方式とはテレビ放送の周波数多重信号を配信する方式で、ポイントは「インターネットのデータ通信用帯域は使用しない」という点です。
光回線の場合、テレビはRF方式、インターネットはIP方式(Internet Protocol:インターネット・プロトコル)と別々の通信方式を採用しています。RF方式とIP方式はまったく異なる通信方式なので、使用する帯域が重なることがなく、互いに干渉しないのです。

インターネットとテレビの使用帯域が異なるので、たとえインターネットで大容量のデータ通信をしていてもテレビの映像が途切れたり、乱れたりすることはありません。
インターネットを使いつつ、テレビも快適に視聴できるという点で優れた通信方式です

また、異なる2つの通信方式を光回線として一本化しているので、契約がシンプルになり、支払い先がひとつだけで済むといったメリットもあります。

現在、さまざまな会社が光回線のテレビサービスを提供していますが、それぞれ特徴があるので、自分の希望に近いものを選択しましょう。

光テレビにはプロバイダと映像用回線終端装置の設置が必要

また、すでに光回線でインターネットを利用していても、光テレビを観るための工事は必要となるケースも。光回線のIP方式からテレビ用のRF方式に切り替えるため、映像用回線終端装置(V-ONU)の設置が必要になるのです。

映像用回線終端装置(V-ONU)の取り付けは、光テレビの工事の際に行うので、基本的にお客さまが用意する必要はありません。

光回線を使って2台以上のテレビを視聴したい場合は、テレビ配線の共聴工事を行う必要があり、共聴工事では、分配器を介して映像用回線終端装置(V-ONU)とテレビの接続を行います。「現在はテレビ1台だけだけど、近い将来もう1台増やす予定」という場合は、光テレビの工事を行う際にあらかじめ共聴工事を行って分配器を設置しておくとよいでしょう。

光回線とCATV(ケーブルテレビ)との違いとは

「光回線のテレビとケーブルテレビでは何が違うの?」と疑問に思う方もいるでしょう。
CATVとは、インターネット回線とテレビのサービスを合わせた回線の種類のこと。CATVは光回線と同軸ケーブルを組み合わせた光ハイブリッド方式を提供しているところが多く、もともとテレビ放映として展開していたサービスに、インターネットの機能を追加したものです。

多くのCATVが提供している光ハイブリッド方式は、ノイズが起こりやすく、受信障害が発生したり、同時に利用する人が多いために通信速度が低下したりするというマイナス面があります。
一方で、CATVには光回線のエリア外でも利用できるという利点も。CATVは放送局が日本全国にあり、対応地域の範囲が広いので、光回線のエリア外でも契約できる可能性が高いのです。

通信速度を比べると光回線の方が断然速いうえ、CATVは通信容量の大きいメニューだと料金的に割高になる傾向があります。インターネットとテレビの使用についてトータルに考えれば光回線の方が使い勝手がよく、おトクといえるでしょう。

光回線でテレビを観るメリット

光回線のテレビには、大きく分けて4つのメリットがあります。

1.アンテナ不要で受信が安定しやすい
2.チャンネル数が豊富
3.インターネット速度の低下がない
4.家中どこでも何台でも観られる

ここでは、光回線でテレビを観るメリットをひとつずつ、詳しく解説していきます。

アンテナ不要で受信が安定しやすい

光テレビの大きなメリットのひとつに「アンテナが不要」ということが挙げられます。
自宅に引き入れた光ファイバーケーブルを利用して映像を受信するためアンテナが不要になるのです。

アンテナを使用する地上波のテレビの場合、電波を屋外で受信します。そのため、台風や大雪といった悪天候では電波障害が発生する可能性や、アンテナそのものが故障する恐れがあるのです。
もちろんアンテナを立てる場合には、初期費用としてアンテナ代金や設置のための工事費用がかかります。

一方、光テレビは、アンテナではなく光ファイバーケーブルで放送電波が届くので、もともとノイズに強いというのが特徴です。そのうえ悪天候や地形、高層建物などの影響も受けにくく、安定した映像を受信できます。
屋根の上にアンテナがないので、景観がよくなるという点もメリットのひとつでしょう。

光テレビを視聴するには工事が必要ですが、光回線と光テレビの工事を一緒に申し込めば工事は一度で済ませられ、手間も時間もかからないという利点もあります。
工事費用が割引になる特典を用意している会社もあるので、候補の会社が複数ある場合は、比較してみましょう。

チャンネル数が豊富

光テレビは、地上波放送はもちろん、BSやCSの衛星放送、映画やドラマ、スポーツ、音楽、子供向け番組といったバラエティ豊かな専門チャンネルも視聴可能で、この点も大きな魅力として注目されています。
無料チャンネルはもちろん、有料チャンネルも豊富で、いろいろなチャンネルを楽しみたいという人や、家族がそれぞれに観たい番組があるというご家庭にはぴったりのサービスといえるでしょう。
また、有料チャンネルのほか、4K/8K放送などより自然でリアルな高画質映像を視聴できるのも人気の理由です。さらに8K放送は、22.2チャンネルのマルチサラウンドに対応しており、その立体的な音響はまるでその場にいるかのような臨場感や迫力を感じさせてくれる魅力的なものとなっています。

インターネット速度の低下がない

光回線にテレビを観るための環境を追加しても、インターネット速度に影響がないことも光テレビの大きなメリットといえます。前の章でも述べたように、光回線ならテレビはRF方式、インターネットはIP方式と別々の通信方式を採用しているので、使用帯域が重なることがなく、互いに干渉しないことから、同時に使用していても速度低下の心配はありません。
そのため、インターネットを使いながら複数のテレビを観るといった状況でもそれぞれ途切れたり、止まったりすることなく快適に楽しめるのです。

家中何台でも地デジ、BSデジタル、4K/8K放送が観られるBSパススルー®方式

ところで、多くの光回線の通信事業会社が提供しているBSパススルー®方式をご存知でしょうか?

BSパススルー®方式とは、BSデジタル放送電波をBS対応テレビやレコーダーで直接受信できる送信方式で、BS対応テレビやレコーダーであれば、BSデジタル放送の電波を直接受信することが可能になります。
この方式により、家中のすべてのテレビがセットトップボックスなどの専用受信機器なしで地上デジタル、BSデジタル、4K/8K放送を観ることができるのです。

コミュファ光テレビもBSパススルー®方式を採用しており、テレビが何台になっても月額料金は一律という嬉しい料金設定になっています。
コミュファ光ネットとコミュファ光電話に月々プラス506円で地デジ、BSデジタル、4K/8K放送を楽しめる充実した内容。光ネットと光電話、光テレビの合計月額料金がとてもおトクなメニューをぜひチェックしてみてください。

光回線でテレビを観る際の注意点

光テレビの契約をする際に注意すべき点があります。いざ申し込みとなった段階で困らないよう、確認しておきましょう。

対象外の地域がある

前提として、そもそも光回線の提供可能なエリアが限定されているため、地域によっては光回線自体対応していない可能性があります。まずは光回線が使用できるかどうか各通信事業会社のホームページ上で検索したり、電話で問い合わせたりすることで確認しましょう。
ただし、自宅が光回線の提供エリアに該当していることがわかっても、地域によっては光テレビの利用できないというケースもあるため、契約前には必ず光テレビ利用の可否を確認してください。

現在、光回線提供エリアは各社で拡大中です。以前は提供エリア外だった場合でも、エリアの拡大によって提供エリアになっていたり、今後利用できるようになったりする可能性があります。コミュファ光の公式ホームページでチェックするなら、ここからご覧ください。

光テレビのみの契約はできない

光テレビはプロバイダ契約でインターネット回線とセットになっているため、インターネット回線だけを解約することはできません。
そのため、プロバイダ契約を解除するとテレビが観られなくなる可能性がある点には注意が必要です。

その他の注意点として、光テレビの会社によっては視聴できるチャンネル数や種類に違いがあります。自分が観たいチャンネルが含まれているか契約前に確認しておきましょう。

最大通信速度10Gbpsのコミュファ光でテレビも楽しもう

コミュファ光は、プロバイダ一体型サービスで、最大10Gbpsの高速回線を提供しており、光テレビもお楽しみいただけます。
独自回線なので混雑しづらく、光テレビや動画視聴はもちろん、オンラインゲーム、音楽ストリーミング視聴などさまざまなシーンで快適に利用ができるというメリットも。

また、コミュファ光が提供する光テレビは、次の通り、見逃せないおすすめポイント満載です。

【BS4K/8Kに対応】
数々の魅力的な番組を高精細で臨場感の高い映像でお届け。8K放送では22.2チャンネルのマルチサラウンドに対応しているので、クオリティの高い音響を体験することができます。

【BSパススルー®方式を採用】
コミュファ光の光テレビはBSパススルー®方式を採用しているので、家中のテレビが何台でも視聴可能。台数が増えても専用端末不要、さらに追加の月額料金も不要と、安心でおトクな内容となっています。

【おトクな料金設定】
光テレビを観るためには光テレビ工事費が必要ですが、コミュファ光ならスタート割対象メニューと「安心サポートPlus」同時お申し込みで通常20,570円の工事費が無料になるサービスを導入しています。

さらに、「光乗りかえキャンペーン」で他社契約解除料、撤去工事費などを全額還元しているのも見逃せないポイントです。(2022年7月現在)

乗りかえのデメリットをカバーしてくれるコミュファ光のキャンペーンを利用して、おトクに光回線と光テレビのある生活をはじめてみませんか。

まとめ

今回の記事では、光テレビについて解説しました。
インターネットもテレビも快適に楽しみたいお客さまは、コミュファ光の光テレビを検討してみてはいかがでしょうか。
まずは、お客さまが提供可能なエリア、住宅タイプであるか確認してみてください。

コミュファ光では、光テレビをはじめ、コミュファ光への乗りかえや新規お申し込みについてのご相談を受け付けております。Webまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

59_main

この記事を友達にシェアする

光回線でもテレビが観られる!観るための方法やCATVとの違いは?

2022年7月13日

お電話でのご相談・お問い合わせ

新規お申し込み・ご相談のお客さま

問い合わせ電話0120816538
問い合わせ電話0120816538

コミュファ光をご利用中のお客さま

問い合わせ電話0120218919
問い合わせ電話0120218919

問い合わせ電話 ガイダンス説明