ウイルスチェック・
迷惑メール判定機能
(標準提供)

ウイルスチェック・
迷惑メール判定機能

メール送受信時のウイルスチェックサービスと、メール受信時の迷惑メール判定サービスを無料でご利用いただけます。

ご利用対象

プロバイダー体型メニュー

ご利用料金

月額料金 無料

サービス詳細

送信時

コミュファ光 ウイルス駆除

送信したメールの添付ファイルにウイルスが含まれている場合、元のメールからウイルスのみを削除し、受信者に送信されます。
ただし、ウイルスのみの削除ができない場合には、元のメールの添付ファイル自体を削除し、代わりにアラートメッセージが添付された元のメールが受信者に送信されます。

受信時

コミュファ光 ウイルス駆除 迷惑メール設定

お客さまの設定により、ウイルスチェックおよび迷惑メール判定を行います。

ウイルスチェックのみ

受信したメールの添付ファイルにウイルスが含まれている場合、元のメールからウイルスのみを削除します。
ただし、ウイルスのみの削除ができない場合には、元のメールの添付ファイル自体を削除し、代わりにアラートメッセージが添付されたメールとして受信します。

ウイルスチェック+迷惑メールチェック(ヘッダに判定結果追加)

ウイルスチェックに続き迷惑メール判定を行い、迷惑メールと判定されたメールには、ヘッダ内に迷惑メールと判定された事を示す特定の文字列を追加します。
任意のヘッダによる振り分けが出来るメールソフトをご利用いただくことで、迷惑メールだけを「ゴミ箱」等に容易に振り分けることが出来ます。

ウイルスチェック+迷惑メールチェック(件名に判定結果追加)

ウイルスチェックに続き迷惑メール判定を行い、迷惑メールと判定されたメールには、件名に迷惑メールと判定されたことを示す特定の文字列を追加します。
Windows メール、Outlook Express等のメールルールを設定することで、迷惑メールだけを「ごみ箱」等に容易に振り分けることが出来ます。

ウイルスチェック+迷惑メールチェック(サーバの迷惑メールフォルダに隔離)

ウイルスチェックに続き迷惑メール判定を行い、迷惑メールと判定されたメールは、サーバ側の「迷惑メール」フォルダに隔離します。
迷惑メールはサーバ側に隔離されているため、Windowsメール、Outlook Express 等のメールソフトでは受信されません。
なお、サーバ側の「迷惑メール」フォルダに隔離されたメールは、Webメールにて確認することが可能です。必要なメールが迷惑メールと判定されてしまった場合、Webメールで受信箱に移動することで、通常通りのメールソフトで受信することが可能です。

>各サービスの設定方法はこちら

注意事項

メールウイルスチェックサービスは、全てのウイルスを検知・削除・駆除することおよびサービスが中断されないことなど完全な機能を保証するものではありません。
迷惑メール判定サービスは、全てのメールを正しく判定すること・誤判定を行わないことおよびサービスが中断されないことなど完全な機能を保証するものではありません。
標準でウイルスチェックサービスのみ利用する設定になっております。迷惑メール判定サービスをご利用される場合は、個別に設定いただく必要がございます。
>設定方法はこちら
ウイルスチェックサービス・迷惑メール判定サービスの設定は、メールアドレス単位に行っていただく必要がございます。
ウイルスチェック+迷惑メールチェック(サーバの迷惑メールフォルダに隔離)の「迷惑メール」フォルダへの隔離期間は7日間で、隔離期間を過ぎた迷惑メールは自動的に削除されます。定期的にWebメールから「迷惑メール」フォルダの確認をお願いします。