転送電話サービス

転送電話サービス  割引パックPlus対象

転送電話サービス アイコン

かかってきた電話をあらかじめ指定した電話番号に自動的に転送できるサービスです。

ご利用料金

月額基本料金 500円(番号単位)
付加サービス工事費 1,000円/契約

〇表記の金額は、一部を除き全て税抜価格です。別途消費税分がかかります。

ご利用料金

安心・便利なあんしん電話着信サービス、発信者番号表示サービス、非通知着信拒否サービス、割込電話サービス、迷惑電話拒否サービス、転送電話サービスをセットでご提供。

サービス内容

かかってきた電話をあらかじめ指定した電話番号に自動的に転送できるサービスです。契約しているコミュファ光電話や外出先などの別の電話機から転送の起動、一時停止、転送先の変更ができます。

・4つの転送先を登録できます。
・転送条件を選択できます。

無条件転送 かかってきた電話を転送もとの電話を呼び出さずに転送先に直接転送します。
無応答時転送 いったん転送元の電話を呼び出した後、設定された呼び出し時間内に応答しない場合に転送します。呼び出し時間は1秒から60秒の間で設定できます。また、ホームゲートウェイまたは光電話アダプタの電源がOFFの場合にも転送します。
話中時転送 お客さまがお話し中にかかってきた場合に転送先に転送します。
話中時転送+無応答時転送 設定された呼び出し時間内に応答しない場合に転送します。

※コミュファ光電話以外の電話機からも転送電話機能の設定変更ができます。

お申し込みからご利用開始まで

コミュファコンタクトセンターへ転送電話サービス申込希望の旨をお伝えください。
または、「お手続きフォーム」からもお申し込みいただけます。
お申し込み受付後、「転送電話サービスお申し込み受付用紙」を郵送させていただきます。
「転送電話サービスお申し込み受付用紙」にご記入いただき、ご契約者さまご本人の本人確認書類を同封の上、返信用封筒にてご返送ください。
受領書の到着を配達記録にて確認後、着信転送サービスを登録いたします。
契約関係文書と共にご利用開始のご案内を発送します。
お客さまにてご利用開始のご案内お受け取り後、下記記載の方法で登録をお願いいたします。

郵送による
本人確認方法

1.本人確認書類(写)[2種類]
2.本人確認書類(写)[1種類]+ 補助書類(写)[2種類]
※1または2のいずれかを郵送願います。

使用できる
本人確認書類

<<個人>>
・運転免許証
・運転経歴証明書
・在留カード
・特別永住者証明書
・パスポート(旧型日本国旅券)※1
・マイナンバーカード(顔写真付き)※2

<<法人>>
・登記事項証明書
・印鑑登録証明書

※1 旧型の日本国旅券(パスポート)のみ本人確認書類の対象となります。
※2 通知カードは本人確認書類対象外です。
※いずれも氏名/生年月日/住所が記載されていること。
※住所は契約者情報として登録されている住所と一致していること。

使用できる
補助書類

・各種健康保険証※1
・国民年金手帳
・住民票※2
・国税(地方税)の領収証書※2
・公共料金の領収証書※2
・児童扶養手当証書※3
・特別児童扶養手当証書※3
・母子健康手帳※3

※1 被保険者等記号・番号等が分からないよう塗りつぶす等、マスキングいただいた写しをご送付ください。
※2 発行から3カ月以内のものに限る。
※3 有効期限内のものに限る。
※補助書類とするためには上記の中より2種類ご提出ください。


設定方法

コミュファ光電話での付加サービスの設定

コミュファ光電話の付加サービスを設定される際は、3桁の特番をダイヤルの後、アナウンスをお聞きいただいた後に設定のボタン操作を行っていただきますようお願いいたします。それ以外の操作は誤ダイヤルと認識し、付加サービスが設定できませんのでご注意願います。

※プッシュホン設定(PB)の電話機で操作できます。
※ダイヤルパルス設定(DP)の電話機では操作できません。

サービスの開始

サービスの開始

サービスの停止

サービスの停止

転送先電話番号の登録

転送先電話番号の登録

呼出時間(秒数)の設定※お申し込み時は呼出秒数が20秒に設定されています。

呼出時間(秒数)の設定

転送先第1〜4番へ転送先電話番号の登録

転送先第1〜4番へ転送先電話番号の登録

転送先指定の登録

転送先指定の登録

転送条件の設定※お申し込み時は無条件転送に設定されています。

転送条件の設定

リモート操作用暗証番号の設定

リモート操作用暗証番号の設定

転送先電話番号の確認

転送先電話番号の確認

転送条件の確認

転送条件の確認

外出先からの設定方法

※電話機の回線種別をプッシュ(PB)に設定してください。

外出先など、光電話以外の電話機でリモート操作により転送電話の設定等を変更できます。

※光電話以外からのリモート操作には通常の通話料金が必要です。
※転送先電話番号の登録や転送条件の変更などは行えません。

サービスの開始

サービスの開始

サービスの一時停止

サービスの一時停止

転送電話リスト番号の設定

転送電話リスト番号の設定

アイコン注意事項

発信者からのご契約者(コミュファ光電話)までの通話料金は、発信者のお客さまの負担となります。ご契約者(コミュファ光電話)から転送先までの通話料金は、ご契約者の負担となります。
指定可能な転送先は、日本国内の一般固定電話、携帯電話およびPHSとなります。
転送電話サービスのご利用には、「転送先電話番号の登録」および「サービスの起動」の設定が必要です。この設定操作を行わないと転送されません。
ご契約のコミュファ光電話からの転送電話の起動・停止などの設定操作には通話料金はかかりません。
コミュファ光電話の電話機以外からの設定を行う場合、リモート操作用の暗証番号(パスワード)が必要となります。リモート操作用の暗証番号(パスワード)は、「000000」に設定されていますので、ご契約開始後、リモート操作用の暗証番号(パスワード)を変更してください。
ご契約のコミュファ光電話以外からの転送電話の起動・停止等の操作(リモート操作)には通常の通話料金がかかります。
コミュファ光電話に転送されてきた電話は本転送電話サービスの転送設定を行っても転送されず以下の動作となります。
無条件転送 着信します。
話中転送 発信者に話中音が流れます。
無応答転送 呼び出しした場合、転送されず呼び出し続けます。電源が切れている場合等は、話中音が流れるかアナウンス音声が流れます。
他の付加サービスと併せてご利用いただく場合の注意事項

非通知着信拒否サービス

電話番号を通知しないで電話がかかってきた場合、転送されずに、非通知着信拒否サービスのメッセージで応答します。

割込電話サービス

お話し中に他から電話がかかってきた場合、設定された転送電話サービスの転送条件によって動作が異なります。

無条件転送 割込電話サービスは機能せず、転送先へ転送されます。
無応答時転送 2コール目は、「割込電話サービス」が機能し、フック操作を行うことで後からかかってきた電話に出ることができますが、設定された呼び出し時間内に応答しない場合は、転送先へ転送されます。
話中時転送 2コール目は、「割込電話サービス」が機能し、フック操作を行うことで後からかかってきた電話に出ることができます。3コール目より「転送電話サービス」が起動します。
話中時転送+無応答時転送 2コール目は、「割込電話サービス」が機能し、フック操作を行うことで後からかかってきた電話に出ることができます。3コール目より「転送電話サービス」が起動します。

迷惑電話拒否サービス

迷惑電話拒否サービスに登録されている電話番号からかかってきた場合、電話は転送されずに迷惑電話拒否サービスのメッセージで応答します。

050オプションサービス

050番号に着信した通話を提携IP電話(無料接続)に転送する場合、転送先への通話には「050オプションサービス」が適用され、転送先までの通話料は無料となります。052等市外局番から始まる電話番号に着信した通話を転送する場合は、転送先までの通話料が必要となります。

プラスナンバー

電話番号毎にお申し込みが必要です。月額料金も電話番号毎に必要となります。

不在着信通知メールサービス

応答なし、話し中のみ通知 転送の種類にかかわらず、通知されません。
すべて通知 転送の種類にかかわらず、通知されます。
通知しない 転送の種類にかかわらず、通知されません。