アイコン「コミュファ光」における
IPv6対応について

インターネットについては、近年の急速な普及により、接続されている機器を識別するIPv4アドレスの在庫が枯渇する見込みとなっております。
そのため、弊社の個人向けインターネット接続サービス「コミュファ光」においては、「IPv4」 の後継規格である「IPv6」に対応したサービスの提供を開始しました。
現在提供中のIPv4接続サービスは、既存・新規のお客さまを問わず、これまでと同様にご利用いただけますのでご安心ください。

インターネット接続サービス

契約時期 対象のメニュー IPv6接続
2012年6月1日以降 プロバイダ一体型★ 標準対応
プロバイダ選択型★ 対応プロバイダに限り対応
2012年5月31日以前 プラスメニュー※1 プロバイダ一体型 標準対応
プロバイダ選択型 対応プロバイダに限り対応
標準メニュー メニュー変更にて対応 ※2

IPv6接続のご利用はコミュファ光提供のホームゲートウェイが必要です。
※1 IPv6非対応のホームゲートウェイは交換または新しいコミュファ光メニュー(★印)へのメニュー変更が必要です。詳しくはコンタクトセンターにお問合せください。
なお、交換対象のホームゲートウェイの見分け方はこちらを参照してください。
※2 現在提供中のメニュー(★印)へのメニュー変更が必要です。

IPv6対応提携プロバイダ

プロバイダ 対応時期
so-net 2012年9月13日より対応

IPv6対応提携プロバイダのIPv6機能を有効にする設定変更が必要です。変更方法はこちらを参照してください

コミュファ光ポータルサイト

IPv6接続に対応しました。

IPv4ネットワーク経由でご覧になっていることを示しています。

IPv4ネットワーク経由でご覧になっていることを示しています。

IPv6ネットワーク経由でご覧になっていることを示しています。

IPv6ネットワーク経由でご覧になっていることを示しています。

コミュファ光 メールサービス

IPv6接続によるメールの送受信に対応しました。

ホームページ公開サービス

IPv6接続に対応しました。

ホームゲートウェイの見分け方

外観 側面シール 側面シールの記載 IPv6対応
AtermWH862A/O(CT) AtermWH862A/O(CT) AtermWH862A/O(CT) 対応
AtermWH832A(CT) AtermWH832A(CT) AtermWH832A(CT) 対応
AtermWH822N(CT) AtermWH822N(CT) AtermWH822N(CT) 対応
AtermWH802S(CT) AtermWH802S(CT) AtermWH802S(CT) 非対応

※交換にて対応

ホームゲートウェイのIPv6機能有効化手順(プロバイダ選択型のみ)

ホームゲートウェイのIPv6機能有効化手順(プロバイダ選択型のみ)

※IPv6未対応の提携プロバイダをご利用の場合は、本手順の設定を行っていただきましても、IPv6機能はご利用いただけません。

1 Webブラウザを起動し、アドレスバー
に「http://web.setup」と入力して、ク
イック設定Webを開きます。

※ホームゲートウェイのIPアドレス(例 http://192.168.0.1) を入力して開くことも出来ます。

Webブラウザを起動し、アドレスバーに「http://web.setup」と入力して、クイック設定Webを開きます。

2 ユーザー名に「admin」、パスワードに「管理者パスワード」を入力し [OK] をクリックします。

ユーザー名に「admin」、パスワードに「管理者パスワード」を入力し [OK] をクリックします。

3 [基本設定]→[接続先設定]で、「IPv6機能」の[使用する] にチェックを入れ、[設定]をクリックします。

[基本設定]→[接続先設定]で、「IPv6機能」の[使用する] にチェックを入れ、[設定]をクリックします。