ホームへ戻る

回線速度向上編

  • point1・まずは今の回線速度を測定してみよう!
  • point2・接続方法や環境を確認してみよう!
  • point3・お使いの端末を確認してみよう!
  • point4・契約メニューを確認してみよう!
  • 速度改善サポーターに相談してみよう!

point 3お使いの端末(パソコン)を確認してみよう!

OSやCPU、メモリをチェック

お使いのパソコン OSが古いモデルの場合、最新機種に比べて CPUの処理速度やメモリ容量が劣っているため、パソコンの動作が遅く感じることがあります。まずはお使いのパソコンをチェックしてみましょう。

OSとは?

「オーエス」と読みます。オペレーティングシステムの略称でパソコンなどを動かすための基本となるソフトウェアです。
例:windows8、windows7、MacOS X など

CPUとは?

「シーピーユー」と読み、マウスやキーボード、ハードディスクなどからデータを受け取り、処理や命令を行う部品です。
人間の体で例えると、頭脳のようなものです。CPUの状態でパソコンの動作に影響することがあります。

古いパソコン

  • Windows XP(2001年発売)
  • Windows Me(2000年発売)
  • Mac OS 9(1999年発売)等

メーカーのサポートが終了しておりセキュリティに
問題があるので、買い替えをおすすめします。
※Windows XPは2014年4月9日にサポート終了しました。
コミュファ光ではご契約のお客さまへの
パソコン等の販売も行っています。

コミュファ光会員さま PC・タブレット販売

新しいパソコン

  • Windows 8.1(2013年発売)
  • Windows 8(2012年発売)
  • Windows 7(2009年発売)
  • Mac OS X 10.5(2007年発売)以降

下記のメモリの増設や上級対策をしてみましょう。

メモリの増設

メモリとは?

データを保存する場所のことをメモリといいます。パソコンのソフトなどの機能を使うときには、このメモリを使います。
たくさんのソフトをまとめて動かしたりするときは、十分なメモリの容量が必要となります。

パソコンのメモリを増設することで、動作が改善する場合があります。
Windows Vista はメモリの増設により動作速度が改善する事例が数多くあります。(Windows 8.1/ 8/7 は発売時から比較的余裕のあるメモリが搭載されています)
コミュファ光の推奨するメモリ容量は右表のとおりです。
メモリの増設は、端末を購入されたお店か、メーカーにお問い合わせください。(端末の買い替えとなる場合もあります。

※メモリ増設による改善を保証するものではありません。
※推奨メモリ容量は、パソコンの環境によって変わります。
※パソコンの機種によって表のメモリ容量を搭載できない機種もあります。
※メモリ購入代金が高価な場合は、パソコン買い替えもご検討ください。

OS 推奨メモリ容量
Windows 8.1 / 8 2GB以上
Windows7 2GB以上
Windows Vista 2GB以上

上級対策

ブラウザの設定変更

セキュリティ対策ソフト

ブラウザの設定を変更することで、速度が向上することがあります。
  • Cookieの削除
  • インターネット一時ファイルの削除
  • 「既定値」に戻す

ブラウザ設定の変更手順

ソフトウェアをチェック

セキュリティ対策ソフト

今やセキュリティ対策ソフトはインターネット利用には不可欠と言ってもよいくらい重要なソフトウェアですが、パソコンの動作が重くなる原因になっていることもあります。
最新バージョンの適用により改善することもあります。
また、ソフトウエアによっては、Webアクセスに関する一部機能を停止することにより、速度が向上することがあります。

インストール済ソフト

普段から使っているソフトも、バージョンアップにより動作が改善していることがあります。
最新のソフトを使うよう心がけましょう。
使わないソフト・動作の重いソフトを削除(アンインストール)することで改善することがあります。 アンインストール方法は、削除するソフトウェアの発売元に確認してください。

ハードディスクを最適化(デフラグ)する

買ったばかりの頃は軽快に動いていたパソコンも、年数が経過するとパソコンの動作が重くなることがあります。
さまざまな理由がありますが、ハードディスクの最適化(デフラグ)により、パソコンの動作が改善され、速度が向上することがあります。