転送電話サービス

  • ●かかってきた電話を、あらかじめ指定した電話番号に転送するサービスです。
     契約している光電話や外出先の別の電話機から、転送サービスの開始、一時停止、転送先の変更ができます。
  • ●転送先・・・4件まで登録可能
  • ●光電話以外の電話からも転送電話機能の一部設定を変更できます。
  • ●転送条件・・・下記の4パターンより転送条件を選択できます。
     無条件転送の設定、無応答時転送の設定、話中時転送の設定、話中時転送+無応答時転送の設定

設定方法

※電話機の回線種別をプッシュ(PB)に設定してください。

お申し込み時はサービス停止状態に設定されています。ご利用いただく際は開始の操作をしてください。

外出先からの設定方法

※電話機の回線種別をプッシュ(PB)に設定してください。

外出先など、光電話以外の電話機でリモート操作により転送電話の設定等を変更できます。

※光電話以外からのリモート操作には通常の通話料金が必要です。
※転送先電話番号の登録や転送条件の変更などは行えません。

注意事項

  • ●発信者からお客さま(光電話)までの通話料金は、発信者負担となります。また、お客さま(光電話)から転送先までの通話料金は、お客さま負担となります。
  • ●指定可能な転送先は、携帯電話・PHSおよび日本国内の固定電話となります。
  • ●転送電話サービスのご利用には、「転送先電話番号の登録」および「サービスの開始」の設定が必要です。この設定を行なわなければ、転送されません。
  • ●光電話以外からの設定操作を行う場合、リモート操作用の暗証番号が必要になります。
  • ●光電話を他の電話からの転送先に設定した場合、その光電話からは他の電話に転送することはできません。転送設定を行った場合、次のような動作をします。
転送の種類
動作
無条件転送サービス
着信します。
話中時転送サービス
発信中に話し中音が流れます。
無応答時転送サービス
呼出した場合、転送されず呼出し続けます。
電源が切れている場合、話し中音が流れるか、アナウンスが流れます。