SSL接続の設定(Outlook Express 6.0)

SSL接続を利用することで、メール送受信の際に必要なパスワードを盗聴などから守り保護します。
この設定は、Windows Live メールのSMTP認証設定が完了した後に行ってください。

  1. 1.Outlook Expressを起動してください。

    1. (1)スタートボタンをクリックし、スタートメニューを表示させます。
    2. (2)「電子メール」をクリックします。

    1.Outlook Expressを起動してください。

  2. 2.メニュー「ツール(T)」より「アカウント(C)…」を選択します。

    1. (1)メニューバーの「ツール(T)」をクリックします。
    2. (2)「アカウント(A)」をクリックします。

    2.メニュー「ツール(T)」より「アカウント(C)…」を選択します。

  3. 3.設定を変更するアカウントを選択します。

    1. (1)「メール」タブをクリックします。
    2. (2)設定したいメールアドレスをクリックして選択します。
    3. (3)「プロパティ(P)」ボタンをクリックします。

    3.設定を変更するアカウントを選択します。

  4. 4.サーバー情報の設定を確認もしくは変更します。

    1. (1)「サーバー」タブをクリックします。
    2. (2)サーバー情報のアドレスが以下のように設定されている事を確認します。
      設定されていない場合は変更します。
    設定項目
    設定内容
    受信メール(POP3)(I)
    pop.commufa.jp
    送信メール(SMTP)(U)
    smtp.commufa.jp
    • ※注意「pop.△△.commufa.jp」のようにサブドメイン(△△部分)が指定されている場合は、上記サーバ名に変更してください。

    4.サーバー情報の設定を確認もしくは変更します。

  5. 5.詳細設定を変更します。

    1. (1)「詳細設定」タブをクリックします。
    2. (2)「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(Q)」にチェックを入れます。
      「送信メール(SMTP)(O)」に「465」 と入力します。
      • ※チェックを入れると自動的に数値が25に変更されるため、「465」に変更してください。
    3. (3)「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(C)」にチェックを入れます。
      「受信メール(POP3)(I)」が「995」 に変更されたことを確認します。
      • ※チェックを入れると自動的に数値が995に変更されます。
    4. (4)「OK」をクリックします。

    5.詳細設定を変更します。

  6. 以上でSSL接続の設定は完了です