SSL接続の設定(Windows Live メール 2012)

SSL接続を利用することで、メール送受信の際に必要なパスワードを盗聴などから守り保護します。
この設定は、Windows Live メールのSMTP認証設定が完了した後に行ってください。

  1. 1.Windows live メール 2012の起動

    ●Windows 8 の場合

    1. (1)「Windows Live Mail」をクリックしてください。

    Windows live メール 2012の起動

    ●Windows 7 の場合

    1. (1)「Windows Live メール」をクリックします。
      スタートメニューに表示されてない場合は「すべてのプログラム」→「Windows Live メール」の順にクリックします。

    Windows live メール 2012の起動

  2. 2.電子メール アカウント画面の表示

    1. (1)「ファイル」をクリックします。
      ※Windows 7 の場合は、「メニュー」アイコン 

       をクリックしてください。
    2. (2)「オプション」をクリックします。
    3. (3)「電子メール アカウント」をクリックします。

    2.電子メール アカウント画面の表示

  3. 3.設定を変更するアカウントを選択

    1. (1)設定したメールアドレスをクリックして選択します。
    2. (2)「プロパティ」ボタンをクリックします。

    3.設定を変更するアカウントを選択

  4. 4.サーバ情報の設定を確認もしくは変更

    1. (1)「サーバー」タブをクリックします。
    2. (2)サーバー情報のアドレスが以下のように設定されている事を確認します。
      設定されていない場合は変更します。
    設定項目
    設定内容
    受信メール(POP3)
    pop.commufa.jp
    送信メール(SMTP)
    smtp.commufa.jp
    • ※注意「pop.△△.commufa.jp」のようにサブドメイン(△△部分)が指定されている場合は、上記サーバ名に変更してください。

    4.サーバ情報の設定を確認もしくは変更

  5. 5.詳細設定を変更

    1. (1)「詳細設定」タブをクリックします。
    2. (2)「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要」にチェックを入れます。
    3. (3)「送信メール(SMTP)」に「465」 と入力します。
      • ※(2)のチェックを入れると自動的に数値が25に変更されるため、「465」に変更してください。
    4. (4)「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要」にチェックを入れます。
    5. (5)「受信メール(POP3)」が「995」 に変更されたことを確認します。
      • ※(4)のチェックを入れると自動的に数値が995に変更されます。
    6. (6)「OK」をクリックします。

    5.詳細設定を変更

  6. 以上でSSL接続の設定は完了です