次世代超高速無線LAN規格「11ac」標準提供

「11ac」とは2014年1月に正式規格として登場した5GHz 帯の電波を用いる最新の次世代無線LAN規格「IEEE 802.11ac」です。
※11acでのご利用にはIEEE802.11ac 対応の機器が必要です。

1.もっと速く

「11ac」では従来の規格(11n)の倍の無線帯域を使い、複数アンテナでデータの送受信を行います。また、データの送受信方法を工夫・高密度化することで、最大867Mbps(※)の高速通信を実現しています。 さらにコミュファ光のホームゲートウェイでは従来から数多くの機器で利用されている2.4GHz帯の通信においても、追加オプションなどの申込なしで最大300Mbps(※)の11n/g/b (IEEE 802.11n/g/b)の高速通信に対応しており、11acとの同時利用も可能です。

お手元のパソコンやスマートフォンが 「11ac」に未対応でも、コミュファ光なら快適にご利用いただけます。

  5GHz帯 2.4GHz帯
お手持ちの無線子機の対応規格
11ac 11n/a 11a 11n/g 11g 11b
11ac対応ホームゲートウェイの対応可否
  • ※表記の速度は規格値であり、実効速度とは異なります。なお、各規格による通信は対応した無線機器が必要です。

2.もっと安定

従来から数多くの機器で利用されている無線LANが使用する2.4GHz帯の電波は、電子レンジやコードレス電話などでも使用されています。これらの身の回りの家電製品の出す電波がノイズ(雑音)となって無線通信も影響を受けてしまいます。また、2.4GHz帯は安定して利用できる通信チャンネル(電波帯)が少なく、普及が進むに従って、近所の無線LANとの通信が混ざり合うことで、速度低下・不安定を引き起こし、時にはつながらなくなることもありました。

次世代無線LAN規格「11ac」では、家電製品のノイズの影響をうけにくい5GHz帯の電波を使用します。また、数多くの通信チャンネルが準備されているため、近所の無線LANと混ざり合うことも起こりにくく、安定した無線LAN通信を実現しています。

3.設定もカンタン

ホームゲートウェイの側面に設定用のQRコードを記載しています。QRコードにはネットワーク名(SSID)や暗号化キー(パスワード)など、設定に用いられる各製品個別の情報が含まれています。スマートフォンやタブレットならQRコードを読み取ることで、カンタンに無線LAN設定が可能です(※)。

らくらくQRスタート for iOS操作手順について (NECのサイトへ)

らくらくQRスタート for Android操作手順について (NECのサイトへ)

  • ※専用アプリのインストールが必要な場合があります。
  • ・QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

コミュファ光 料金シミュレーター お申し込みの前に、メニューやお支払い料金をイメージしよう! おすすめのメニューを教えてくれるよ!

ご相談窓口 ご希望のご相談方法をお選びください。

メールで相談する

メール相談

今すぐ電話する 0120-816-538 携帯・PHSからもOK! 営業時間 9:00~20:00(年中無休)