ホームへ戻る

回線速度向上編

  • point1・まずは今の回線速度を測定してみよう!
  • point2・接続方法や環境を確認してみよう!
  • point3・お使いの端末を確認してみよう!
  • point4・契約メニューを確認してみよう!
  • 速度改善サポーターに相談してみよう!

point 2接続方法や環境を確認してみよう!

そもそも無線LAN(Wi-Fi)って何?

無線LAN無線LAN(Wi-Fi)接続とは、簡単に言うと、「パソコンやゲーム機などを、LANケーブルを利用せずインターネットに接続すること」です。パソコン、タブレットをはじめ、スマートフォンやゲーム機、音楽プレイヤーなど無線LAN(Wi-Fi)に対応しているものであれば、家のどこからでも配線不要でインターネットに接続することができます。

無線LAN(Wi-Fi)の構成とは?

基本的には「親機」「子機」で構成されます。それぞれの設定を行うことで、接続ができるようになります。

親機 インターネット回線の交通整理をしている機器です。(無線LANルータとも呼びます)
コミュファ光では、親機の機能を備えたホームゲートウェイという機器が標準提供されます。
子機 無線LAN機能付きのパソコン、タブレット・スマートフォン、ゲーム機など

無線LAN(Wi-Fi)にはいろんな種類があります

無線LANの周波数について

無線のデータ通信では、複数の機器が同時に通信できるよう、利用する周波数帯域を分けています。
周波数帯域は、「2.4GHz(ギガヘルツ)」「5GHz(ギガヘルツ)」の2種類があります。
従来、数多くの機器で使われているのは、2.4GHz。
しかし、最近は5GHzを使う新しい機器が登場。5GHzに対応している新しい親機と子機は、データ通信をサクサク行うことができるようになっています。

周波数の単位[GHz]とは?

「ギガヘルツ」と読み、1秒間に10億回の波を繰り返す周波数や振動数を表しています。

無線LANの規格について

無線LANには、規格があるのです。最新の規格は「IEEE802.11ac(アイトリプルイーハチマルニテンイチイチエーシー)」。
「IEEE802.11ac」は、5GHzを使用します。従来から使われている無線LANの種類(IEEE802.11n/g/bなど)では、5GHzの周波数を利用することはできません。

ここが 重要!

bearコミュファ光の最新のホームゲートウェイの規格は、「IEEE802.11ac」!!
5GHz(ギガヘルツ)の帯域を使うことで家の中や、ご近所との電波の影響を受けにくく、快適にデータ通信をすることができます。

次世代超高速無線LAN規格「11ac」について詳しくはコチラ!

2.4GHz 車線が少なく、混雑している「電波の通る道」

5GHz 車線が多く、空いている「電波の通る道」

さっそく実践!速度向上♪

その1

回線を選びなおしてサクサク接続!

250x170

無線LANルータやコミュファ光で提供しているホームゲートウェイの電源を再起動してみましょう。

無線LANルータやコミュファ光で提供しているホームゲートウェイは、電源ON時に周囲の無線LAN通信状態をみて、電波状態の良いチャネル(電波の通る道)を自動選択します。そのため、電源をOFF/ONすることよって速度が向上する場合があります。

その2

設置場所を少し変えてスイスイ!

無線LANはいろいろとつながるから便利です。しかし、速度低下要因はたくさんあります。

設置場所の変更(無線LANルータ本体とパソコンを近づける、もしくはその近くにある障害物を移動するなど)によって、
速度が向上することがあります。

設置場所の変更
  • 1 壁・距離
  • 2.3 無線接続台数
  • 4.5 電子レンジ・電話子機
  • 6 自分以外の無線LAN電波
  • 7 無線LAN中継器
その3

古い種類の無線LANルータをお使いではありませんか?

ご利用中のホームゲートウェイ(無線LANルータ)の
種類を確認してみましょう。

最新の高速無線LANを利用するには、親機と子機が両方とも該当規格に対応している必要があります。無線LANの規格は、ご自宅のホームゲートウェイの裏側シール内に記載してあります。

ここが 重要!

bearコミュファ光は、最新の次世代超高速無線LAN規格「11ac」標準対応のホームゲートウェイが提供(※)となりました!
※11acでのご利用にはIEEE802.11ac 対応の機器が必要です。

遅い 速い
無線LANの規格 周波数 一般的な対応子機 ホームゲートウェイ
(親機)
実効速度
5GHz 2.4
GHz
IEEE802.11ac   PC・最新スマホ WH862A/WH832A 約600Mbps
IEEE802.11n PC・スマホ/タブレット WH862A/WH832A
WH822N(2.4GHzのみ)
約200Mbps
IEEE802.11a   PC・スマホ/タブレット WH862A/WH832A 約30Mbps
IEEE802.11g   PC・ゲーム機・スマホ/
タブレット・家電
WH862A/WH832A
WH822N
約20Mbps
IEEE802.11b   古いゲーム機 WH862A/WH832A
WH822N
約5Mbps

※ 規格上の理論値となり、無線環境、接続端末、台数によります。
※コミュファ光のホームゲートウェイは、IEEE802.11n/a/g/bにも対応しております。

※実効速度は、お客さま環境での速度を保証するものではありません。

IEEE802.11a/b/g規格の無線LANルータを利用している場合、最新規格の機器(IEEE802.11ac[規格値867Mbps])の利用をおすすめします。
2012年6月1日以降にお申し込みの方は、ホームゲートウェイの交換(有料)をご検討ください。
2012年5月31日以前にお申し込みの方は、メニュー変更をご検討ください。

メニュー変更はこちら

コミュファ コンタクトセンター 0120-218-919 受付時間9:00~20:00(年中無休)
Myコミュファ

ご契約内容のご確認などができます。

詳しくはこちら

※ ご利用の環境等により電波が届かない場合があります。
※コミュファ光のネットワークは、フェムトセル小型基地局を設置するサービス「auフェムトセル」(KDDI株式会社)、「フェムトセル」(株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ)、「ホームアンテナFT」(ソフトバンク株式会社)に対応しております。
※ Wi-Fi通信を行うには、Wi-Fi対応の機器が必要です。
※ 「Wi-Fi」はWi-Fi Allianceの登録商標です。

その1

お使いのLANケーブルの規格を見てみましょう!

LANケーブルに表示されているカテゴリ値を見てみましょう。
(cat.5e=カテゴリ5e)

速度が出ないのはLANケーブルに問題がある場合があります。
1ギガ/300メガ メニューをご利用のお客さまは、「カテゴリ5e」以上の規格に対応したLANケーブル(5e,6,7等)をご利用ください。

CAT-5e

ここが 重要!

コミュファ光提供機器(ホームゲートウェイ)に同梱されているLANケーブルはすべて「カテゴリ5e」です。

※長さが足りないなど、お客さまでご用意される場合は、十分ご注意ください。

その2

お使いのパソコン端末のLANポートの規格を見てみましょう!

LANポートの規格が1000BASE-Tに準拠しているか見てみましょう。

LANケーブルとPCを繋ぐ接続口のことを、「LANポート」といいます。
1ギガ/300メガメニューをご利用のお客さまは、LANポートは1000BASE-Tという規格に準拠している必要があります。
100Mbpsを超える速度が出ない場合、お使いの機器(パソコンなど)のLANポートのいずれかが1000BASE-T規格に対応していない可能性があります。

パソコン端末別のLANポートの確認方法

パソコンのLANポートが1000BASE-T規格に対応していない場合、対応したLANポートを増設することで、速度が向上されることがあります。LANポートの交換は、端末を購入されたお店か、メーカーにお問い合わせください。(端末の買い替えとなる場合もあります)