アイコンお知らせ

コミュファ光電話の通話料金誤請求について

2006年3月22日

会員

コミュファ光電話の通話料金誤請求について


 「コミュファ光電話」サービスをご利用いただいている一部のお客さまに対して、通話料金の誤請求が判明いたしました。
 お客さまには大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申しあげます。

1 発生事象
  平成17年11月17日から同年12月8日までの期間中に、コミュファ光電話から一般加入電話へおかけいただいた一部の通話について、本来、3分8.4円(消費税を含みます)で料金計算すべきところを、90秒8.4円(同)で料金計算していました。誤請求したお客さまは126名です。
  今回、光電話サービスの提供開始以降、初めてその通話料金の請求を実施※したところ、お客さまからのご指摘により誤請求が判明しました。
  ※コミュファ光電話のアダプタ利用料を3か月分無料とするキャンペーン期間中の通話料金は、キャンペーン終了後におけるその月額料金の初回請求時にまとめて請求させていただくことになっています。

2 発生原因
  光電話サービスの料金システムの一部に不具合が発生した際に、その不具合修正に付随して直接関係のない料金単価を誤って設定していました。その後、誤設定は修正したものの、誤設定期間中の通話料金を請求させていただく過程で、一部の通話について誤ったままの料金でお客さまにお知らせいたしました。

3 お客さまへの対応
  誤請求をしたお客さまについては、文書によりお詫びと事情説明を行っているところです。
  なお、過徴収となりました料金については、平成18年3月分(平成18年4月請求)にて精算させていただきます。

4 再発防止策
  今後、料金システムを修正する際には、その修正箇所・修正内容等について人間系による多重チェックを行うとともに、明細データを用いてシステム修正前後における料金請求額への確実な反映を検証することといたします。

以 上

>「お知らせ」TOPページへ